FXは損切り命!上手に損切りするお勧めの方法

teikousen

FXは損切り命

FXで資産を築くためには損を拡大させないこと、つまり損切りすることがすごく大切です。
時々、損切りをしないでポジションをどんどん積み上げているピラミッティング手法をしているトレーダーもいますが、いつかは資産が底をついてしまいます。

もちろん、スワップ取引ならレバレッジを1倍や2倍に設定して日々スワップを貯めていけばいいわけですから、損切りする必要はないでしょう。
ただ、短期売買やデイトレードは損切りする必要があります。

逆指値注文はどこに入れるのがベスト?

FX初心者の人は、どこに逆指値注文を入れたらいいのか迷う人も多いでしょう。
逆指値を入れるポイントは、みんな人それぞれですが、基本的には抵抗線やレジスタンスラインを抜いた当たりに逆指値注文を入れるのがポイント。
時々”だまし”もあるのでギリギリのラインで逆指値を入れるのはオススメしません。

逆指値注文を抵抗線やレジスタンスラインを抜けたところに入れる理由

15分足や1時間足などを元にチャートの抵抗線やレジスタンスラインを引いてみます。
大きく2回、反発・反落しているポイントは、他の世界中のトレーダーも損切りやどてんラインとしていることが多いです。

他のトレーダーも損切りやどてんラインとしているということは、そこのラインを抜けたら走るという意味です。
損失を拡大させない為にも抵抗線やレジスタンスラインのポイントに逆指値注文を入れた方が良いでしょう。


FXにて売買をする時の主たる4つの注意点

anzen

FXで売買をする際には、いくつか注意しておく方が良い点があります。

総じて損失対策に関わる点ですが、成績見直しなどもその1つです。リスクを抑えられるようにする為にも、時々は自分の履歴などを確認するのが望ましいでしょう。

 

リスクを想定しておく

FXで失敗をする方の多くは、たいていリスクを軽視してしまっています。

失敗した時に発生し得るリスクの想定不足などにより、大きな損失が発生してしまう人が多いのです。
リスクを無視しては、この金融商品では大損になるケースも多いです。一晩で数千万前後の損失が発生した事例も多々見られます。

 

まずは損失の怖さを知っておき、色々な角度からそれを想定する事が重要です。

 

ロスカット金額の計算をしておく

そしてリスクがある事は知っていても、思わぬロスカットで驚愕してしまっている事例もたまに見られます。

大きな損失が発生し得る事を自分なりに想定はしていても、肝心のロスカットに至るまでのレートなどが計算しきれていない事も多いです。

 
しかしロスカットなどは、業者のシミュレーションなどのシステムで、ある程度は計算する事ができます。したがって取引を行う前に、まずはシミレーションに触れる事自体が必要です。

 

経済指標の突発的な動きを想定する

初級者の方々にありがちなのは、経済指標を完全に忘れている事です。特にアメリカの失業率などが発表された時には、かなり大きな動きが生じる傾向がありますが、初級者の方は経済指標をすっかり忘れてしまっているのです。

 

それで不測の大きな動きが生じて、ペースが乱れてしまっているケースがしばしば見られます。ですので指標のカレンダーなどは、常にチェックしておくのが望ましいです。

 

時々は自分の売買履歴を確認

そして何回か売買を行えば、もちろんそのデータが蓄積されていきます。

いわゆる売買履歴の項目で確認できる訳ですが、それらの売買履歴は定期的に見ておくのが望ましいです。
自分の履歴を見てみると、取引に関する問題点などが色々と見えてきます。それで自分の売買のやり方を軌道修正する事も、時には必要です。

それでリスクを軽減できる事も、多々あるからです。FXの上級者の方々ほど、この売買履歴の確認を細かく行っている傾向があります。


FXデイトレーダーにおすすめなFX会社

sbi-fx-trade

スプレッドが狭いSBI FXトレード

FXデイトレーダーのFX会社口座開設におすすめなのがSBI FXトレードです。

SBI FXトレードでは何と言ってもスプレッドが狭いのが一番の魅力です。

スイングトレードであればトレード回数が少ないのでそれ程スプレッドは重要ではないですが、デイトレードでは取引回数が多くなりがちです。

 

少しのスプレッドの差でも1年間のトータルで計算するとかなりのコストの差になって出てきます。
そんな時でもSBI FXトレードなら米ドル円で0.27銭と言うスプレッドなのでコストを抑えられると言うのが大きいです。
どれだけ狭いスプレッドを提供しているとFX会社側がアピールしていても安定していないのでは意味がありません。

 

しかし、SBI FXトレードなら提示率95%以上と安定していますので、殆どの時間帯で狭いスプレッドによるデイトレードが行えます。
SBI FXトレードは約定力が高いFX会社としても評価が高いです。

流動性の低い時間帯や重要な経済指標が発表される時間帯などではよく為替相場が乱高下し、スリッページが発生することがありました。
トレーダーに不利な方にスリッページが発生すると損してしまいますが、SBI FXトレードではあまり気にせずにデイトレードができますよ。

 

SBI FXトレードの2WAY注文

さらに2WAY注文と言うトレーダーが許容できるスリッページ幅を指定できる注文方法がご用意されています。
もしトレーダーに不利な方ですべった場合、指定幅以上の時は約定しません。
しかし、トレーダーに有利な方にすべった場合、指定幅以上でも約定するのです。
スリッページによるコストは抑えながら、メリットの方だけ享受できると言うのが魅力です。

 

1万通貨単位でトレードできるSBI FXトレード

通常は1万通貨単位や1000通貨単位であるFX会社が多いですが、SBI FXトレードでは1通貨単位からデイトレードすることが可能です。
殆ど1通貨単位でデイトレードすることは無いでしょうが、トレード環境などを試したい時に便利です。
デモ口座ではリアルマネーを投入せずにトレード環境を試せますが、実際にリアルマネーを投入してトレードするとイメージと違うことよくありました。
そんな時でも1通貨単位による少額トレードができると、実戦感覚で試すことができます。
尚、新規口座開設には本人確認書類の提出とマイナンバーの提示が求められます。

 

マイナンバーの提示については、SBI FXトレード以外でも日本国内のFX業者は全て提示する必要があります。