マネーパートナーズとM2Jの自動システムを比較

9v9a3343_tp_v
数ある証券会社の中には、連続的なシステムを採用している所がいくつか見られます。いわゆる連続の指値を採用する会社が幾つかある訳ですが、マネーパートナーズとM2Jがその候補になり得ます。それぞれ特徴も異なるのですが、枚数を重視するなら前者が望ましいでしょう。しかし完全自動を求めるなら、後者が望ましいと考えられます。

どちらも自動的な指値が可能

まずマネーパートナーズもM2Jも、連続的な指値が可能な業者になります。本来は、建玉が決済された時などは、手作業で新規の指値を設定しなければなりません。それで大きな手間を感じる方々も、非常に多く見られる訳です。

ところが上記の2つの業者の場合は、自動的なシステムが採用されているので、少ない手間で売買ができる訳です。普段の仕事がお忙しい方にとっては、その2つの業者はとても便利です。

通貨の枚数が少ないマネーパートナーズ

ところでマネーパートナーズの場合は、nanoという口座があります。非常に少ない枚数で売買ができる口座で、100枚単位で取引をする事ができます。そこまで少ない枚数で取引できる業者は、非常に貴重です。

そしてnanoでは、前述の自動的な売買も可能なのです。ちなみにM2Jの場合は、1,000枚単位となります。ですので少ない枚数でローリスクな売買が求めるなら、マネーパートナーズの方が良いでしょう。

完全自動になるM2J

ところがマネーパートナーズには1つデメリットもあって、自動的な売買の回数に上限があります。最大20回までという縛りがあるのです。ですので20回に達した時には、もう一度設定し直す必要があります。しかしM2Jの場合は、わざわざ設定し直す必要がありません。トラリピというシステムによって、完全自動での売買が実現できているからです。

ですのでマネーパートナーズの場合は、たまにログインをする必要があります。それに対してトラリピの場合は、ほぼ完全放置でも問題ない事も多いです。あまり多くログインできないならば、トラリピの方がベターとも言えます。

手数料はマネーパートナーズの方が格安

ただコストを考えれば、マネーパートナーズの方が有利でしょう。というのもM2Jの場合は、取引手数料が発生するからです。しかしマネーパートナーズの場合は、それも無料になる訳ですから、比較的リーズナブルな取引ができます。ですのでコスト重視ならば、マネーパートナーズが有利と言えます。

どちらにするかはニーズ次第

マネーパートナーズとM2Jのどちらが良いかは、結局は本人の希望次第と言えるでしょう。コストもしくは枚数を重視するならば、前者の方が良いと考えられます。しかしフルオートでの売買を求めるなら、後者が望ましい訳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする