レバレッジを極力抑えて複数建玉で利益を狙う方法とは

利益
FXには、必ずリスクがあります。決してリスクがゼロの商品ではありません。
ところで、そのリスクをある程度限定できる方法もあります。レバレッジをできるだけ低く抑える方法です。
そもそもレバレッジの高さは、リスクと比例する傾向があります。その倍数が高くなってくれば、それだけロスカットになる確率も高まる訳です。
そのためリスクを軽減しようと思うから、できるだけレバレッジを低くするのが望ましい事になります。それを上手く利用して、利益獲得を目指す方法があるのです。

ロスカットしない3つの玉を保有する

例えば、次のような方法です。ドル円1ドル 100.00円と101.00円と102.00円のポイントで建玉を作ります。
ある時における外貨ドル円のレートが、101.50円だったとします。この後、上昇するか下落するかは、よく分からない状況です。そのような時、上記のような3つの建玉を保有してみる方法があります。いずれも全て買いの玉(積み増しナンピン状態)になるのです。ちなみにそれは、全て指値で注文をする事になります。
そしてここでのポイントは、その3つの玉は全て低レバレッジにすることです。
このようにしておくと、保有した3つの玉全てはロスカットしない事になりますので長期投資にも有効です。

リバウンドの上昇などで利益を得る

以上のようなやり方で、更にドル円レートが1ドル 100.00円近くまで下がったとします。

しかし外貨の金額というのは、永遠に下がる訳ではありません。どこかでストップするケースがほとんどです。
そこで一旦は100.00円に下落したものの、リバウンドの上昇が発生する事になります。それで101.00円から102.00円に上昇した時には、そこで利益確定を取る事になるのです。すなわち1円分の利益を得た形になります。

 高確率な利益とリスクの低さに関するメリット

上記のやり方のメリットは、かなりの高確率で利益が発生する点です。どこまでも下がる相場はあり得ないので、99.00円や98.00円などと下がり続けても、どこかで上昇が発生する事になります。その上昇による利益を狙う方法となります。
またロスカットは発生しないので、実質的なリスクはゼロになるのです。


銀行ではマイナス金利が導入され、今の時代は定期預金ではお金を増やすことはできません。ATM手数料や引き出し手数料で逆にお金を取られ銀行にお金を預けていても本当の意味で実質マイナスになってしまっている現状です。

今回ご紹介した手法は、低レバレッジ、事実上1倍のレバレッジとして外貨預金感覚でFX取引を行うことができる上、リスクを抑えながらお金を増やす確率が高まる点にメリットがある方法です。