FXデイトレーダーにおすすめなFX会社

sbi-fx-trade

スプレッドが狭いSBI FXトレード

FXデイトレーダーのFX会社口座開設におすすめなのがSBI FXトレードです。

SBI FXトレードでは何と言ってもスプレッドが狭いのが一番の魅力です。

スイングトレードであればトレード回数が少ないのでそれ程スプレッドは重要ではないですが、デイトレードでは取引回数が多くなりがちです。

少しのスプレッドの差でも1年間のトータルで計算するとかなりのコストの差になって出てきます。
そんな時でもSBI FXトレードなら米ドル円で0.27銭と言うスプレッドなのでコストを抑えられると言うのが大きいです。
どれだけ狭いスプレッドを提供しているとFX会社側がアピールしていても安定していないのでは意味がありません。

しかし、SBI FXトレードなら提示率95%以上と安定していますので、殆どの時間帯で狭いスプレッドによるデイトレードが行えます。
SBI FXトレードは約定力が高いFX会社としても評価が高いです。

流動性の低い時間帯や重要な経済指標が発表される時間帯などではよく為替相場が乱高下し、スリッページが発生することがありました。
トレーダーに不利な方にスリッページが発生すると損してしまいますが、SBI FXトレードではあまり気にせずにデイトレードができますよ。

SBI FXトレードの2WAY注文

さらに2WAY注文と言うトレーダーが許容できるスリッページ幅を指定できる注文方法がご用意されています。
もしトレーダーに不利な方ですべった場合、指定幅以上の時は約定しません。
しかし、トレーダーに有利な方にすべった場合、指定幅以上でも約定するのです。
スリッページによるコストは抑えながら、メリットの方だけ享受できると言うのが魅力です。

1万通貨単位でトレードできるSBI FXトレード

通常は1万通貨単位や1000通貨単位であるFX会社が多いですが、SBI FXトレードでは1通貨単位からデイトレードすることが可能です。
殆ど1通貨単位でデイトレードすることは無いでしょうが、トレード環境などを試したい時に便利です。
デモ口座ではリアルマネーを投入せずにトレード環境を試せますが、実際にリアルマネーを投入してトレードするとイメージと違うことよくありました。
そんな時でも1通貨単位による少額トレードができると、実戦感覚で試すことができます。
尚、新規口座開設には本人確認書類の提出とマイナンバーの提示が求められます。

マイナンバーの提示については、SBI FXトレード以外でも日本国内のFX業者は全て提示する必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする