口座を作る時の審査で重視される主な3つの点

PAK75_nayamutaiyou20140823091652_TP_V
FXの申込をすると、必ず審査が発生する事になります。そして、審査で落とされる事があるのです。

銀行などで口座を作った方々でも、たまに審査落ちになる事があるでしょう。FXも金融関連の商品である以上、やはり審査落ちになる事例は見られます。審査落ちを回避する為には、基準を知っておくのが望ましいです。

年齢が20歳以上であるか否か

まずFXという商品では、年齢制限はあります。制限無しではありません。アルコールやタバコにも制限がありますが、この金融商品もそれは同様となります。

日本国内の業者の場合は、制限が20歳以上とルール設定されています。したがって10代の方々などは、残念ながらFXの申込は困難です。20歳以上になるまで待つ必要があります。ただし海外の会社の場合は、例外の所も見られます。一部の会社で18歳でも申し込み可能な所もありますが、各国のルール次第と言えるでしょう。

リスクを理解しているかどうか

そして審査基準で最も重要度が高いのは、リスク理解度です。この理解が曖昧ですと審査落ちになる事例もあるので注意を要します。ちなみに口座開設の入力フォームには、「はい」か「いいえ」のどちらかを選択する項目があります。そこでリスクの理解度が試されている訳です。一定の合格点をクリアしていないと、審査落ちになる事があります。理解度の状況によってはFXの会社から電話がかかってくる事もあるので、注意を要します。

入力内容が間違っていないか

口座の申込手続きをする時は、必ずフォームに入力する事になります。もしくは、紙媒体の申込書に記載する必要があります「。
肝心なのはその際に伝えた情報が正しいか否かです。間違った情報を入力すると、審査落ちになる事があります。無職などに正社員と選んでしまったり、金融資産がほとんど無いのに1000万円保有している等を選びますと、落とされる事も多いです。
ちなみに住所の入力間違いなどでも、間違い情報と見なされる事があります。住所の数字1文字を間違えてだけで、審査で落とされる事もあるので、記入した内容は間違いないかどうかよく確認をするようにしましょう。

その他にも基準がある

他にも様々な基準があります。現在の金融資産や、投資経験など様々なデータを確認される事になります。しかし主に重要視されるのは、上記3点と考えて良いでしょう。

特にリスク理解度と入力内容は重要度が高い項目となっています。二度手間にならないよう、しっかりと確認したうえで申し込みをするようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする