海外FXって実際どうなの?海外FXの主なメリットとデメリット

UNI16040516IMG_0017_TP_V
FXの会社は日本だけではありません。海外にもFX業者があります。最近の日本人トレーダーは海外に乗り換えるケースも増えてきているといいます。というのもそれには、様々なメリットがあるからです。

レバレッジの高さに関するメリット

高い倍率で取引ができる

まず1つ目のメリットとしては、高い倍率で取引ができる点が挙げられます。

現在の日本のルールでは、最大は25倍までと設定されているのです。法人でない限りは、低いレバレッジに限定されてしまいます。

ところが海外の場合は、非常に高いレバレッジで売買をする事が可能です。ある海外の会社の場合は、800倍以上での売買をする事が可能なので、それだけ小さい資金で大きな利益を目指せるメリットがあります。

取引開始までが非常に早い

2つ目のメリットとして、日本の会社に比べるとスピーディーに売買開始できる点があります。日本の会社の場合は、取引開始までに書類を郵送するなど、数日の時間を要することが多いです。

ところが海外の会社の場合は、もっと速やかに取引開始が可能です。早い会社ならば、必要事項の入力をして、即日中に取引が出来るところもあります。

スピーディーに取引を始めたい!という方にとっては、海外のメリットは大きいものとなります。

出金が少々手間な場合がある

しかし海外の会社にも、デメリットがあります。例えば出金の手続きが、少々複雑になる点です。

海外の場合は、クレジットカードなどを用いて入金を行うケースがほとんどです。クレジットカードの入出金では基本的なルールがあり(マネーロンダリング防止)その兼ね合いで、入金がクレジットカーであれば出金にもクレジットカードが関わってくるのです。

クレジットカード会社によって返金処理に時間がかかる場合がありスムーズに銀行に振り込まれるとは限らないので、多少の時間がかかる場合があります。

日本の場合はクイック入金や銀行振り込みが入出金の方法として多く使われるので、普段慣れている手続きとしてクレジットカードよりは出勤手続きが早く完了します。

求められる書類がやや特殊な場合がある

また海外FXの業者には提出書類に関するデメリットもあるのです。

免許証等の書類以外にも、場合によっては住民票が求められるケースもあります(業者によって提出書類が少ないところもあります)

日本のFX業者についてはほとんどの場合、本人確認書類が1つで本人確認が可能です。
海外の業者に比べると、書類確認の手間が少ないことが多いので、口座を開くときにどんな書類が必要なのかしっかり確認するようにしましょう。

それでも海外の業者を利用する人が多い

このように様々なデメリットはありますが、前述の取引までのスピードやレバレッジ等に対して大きなメリットを感じる人が多いのも事実です。

そのメリットがデメリットを上回っているので、海外で口座を作る方々は非常に多い状況です。
海外FXの「XM」というFX業者は、日本人サポートも数十人と業界No1で顧客満足度も高いので人気を集めています。
http://xemarkets-forex.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする