海外FX会社のゼロカットシステムならハイレバレッジをかけやすい

0

ハイレバレッジはリスクが大きい

FXではレバレッジをかけると預入証拠金の何倍もの取引ができますよね。
10倍のレバレッジをかけて取引に成功すれば通常より利益が10倍です。しかし取引に失敗すると損失が通常より10倍になってしまう難点がありました。
もしハイレバレッジをかけて週末持越しし、土日に悪材料が出ると大変です。
ロスカット水準より損失が大きくなり、場合によっては預入証拠金以上の損失が出ることがあります。

ゼロカットシステム採用の海外FX会社に口座開設

レバレッジを上手に活用したいけどリスクはできるだけ抑えたいと言う場合は海外FX会社に口座開設すると言う方法があります。
海外には、ゼロカットシステムをご用意しているFX会社があります。このゼロカットシステムでは追証が発生しない仕組みになっています。
国内FX会社では預入証拠金以上の損失が出た場合は追証が発生し、入金することが必要でした。
しかしゼロカットシステムなら大きな損失が出ても預入証拠金ゼロでロスカットされます。
最大でも預入証拠金までが投資家側の損失で、それ以上の損失は海外FX会社側が背負ってくれます。
リーマンショックやスイスフランショックと言った大幅な為替相場の変動があった時でも、リスクを預入証拠金までに抑えたままレバレッジを上手に活用することが可能です。

2社での両建ては禁止

ゼロカットシステムを採用している海外FX2社に口座開設して、それぞれロングとショートで両建てし、ゼロカットシステムのメリットだけ享受しようとしても、そうは問屋が卸しません。2社間での両建てを禁止している海外FX会社が多くあります。
もしこのような行為が海外FX会社にバレてしまうと口座凍結される恐れがあるので注意が必要です。

XMなら最大888倍のレバレッジ

ゼロカットシステム採用の海外FX会社はいくつかありますが、その中の一つであるXMでは最大レバレッジが888倍です。
国内FX会社ではレバレッジ規制の関係で個人口座は25倍までですが、それと比べると大幅なハイレバレッジがかけられます。
もし取引に失敗しても証拠金がゼロになっても良い範囲まで預入しておき、思い切ったハイレバレッジをかけると言った手法が使えます。
その代わりに思惑が外れた場合、少しの為替変動ですぐに預入証拠金がゼロになりかねないので注意して下さい。
XMでは口座開設ボーナスや100%の入金ボーナスなどのお得なボーナスがご用意されています。
それを元手にハイレバレッジをかけると言う手法もありますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする