「ECN」と「STP」とは?

gori0I9A9910_TP_V
国内FX会社ではあまり聞きませんが、海外FXの会社を調べていると「ECN」や「STP」など略語が多く出てくることに気がつくと思います。

今回はそれぞれの環境の違いやそれが私たちにどんな影響があるのか、それを詳しく説明していきたいと思います。

ECN ( Electronic Communications Network )

電子取引所取引のことを指す言葉です。

FXで言えば「顧客の注文を取引所で別の顧客の注文と付き合わせて取引を成立させること」を指します。
いわゆるNDD(no dealing desk)と呼ばれるものでFX会社が注文に対して何かするわけではなく、あくまで取引所に注文を流すという役割に徹しているということになります。従って取引ごとに手数料が発生する場合が多いです。

しかし、カバー先の金融機関からもっとも有利なレートを直接顧客へ提示するため、低スプレッドが実現されることが多い方式になります。

STP( Straight Through Processing )

こちらは顧客から受けた注文をブローカー内で処理をし、その後市場に流すという方式になります。

カバー先の金融機関のレートレートにスプレッドを上乗せして顧客へ提示するため手数料は発生しませんが、ECNに比べるとスプレッドが広い傾向にあります。

ECNとSTPの方式の差

少額のトレードをするだけであれば正直この2つの方式に拘る必要はないと思います。しかし、「信頼性」という点においてこの2つを見ると少し差が出てきます。

ECNの場合はいわゆる「仲介」のみをするため、売買が成立するというのは市場にオーダーが流れているということになります。
株のように板情報を見ることが可能なので、トレーダーにとっては透明な環境で取引できると言えます。

STPは仲介をする前に「ブローカー内での処理」を挟むため、処理がしきれない注文はどうなるのかといった疑問が生じます。
もちろんブローカーがうまく処理をすることが可能であればECNのほうが約定力が高くトレードしやすい環境になります。

透明性で言えばECN
約定力で言えばSTP

自分のトレード環境に合わせた業者選びをしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする