ビットコインって何?FXとの違い

PAK12_10naname_TP_V
ビットコインの話題が出始めてから数年が経ちました。大手取引所の破綻で問題が起きたこともありますよね。
今回はビットコインとは何か、FXと何が違うのかというところを解説していきたいと思います。

ビットコインとは?

非常にざっくりと説明すると「特定の管理者のいない電子マネー」になります。

通常の電子マネーであれば発行企業がいてその価値は企業が担保していますよね。通貨は国が発行し、その価値は国の信用に基づいています。
しかしビットコインは発行している企業もいなければ管理している団体もありません。その価値を裏付けるものは人々のビットコインへの「信頼」になるのです。

ビットコインは暗号化技術によって信頼性の高い取引が可能となっており、全世界で使用されています。日本ではまだあまり馴染みがありませんが、今後大きく普及する可能性があります。

ビットコインとFXの違い

国が発行する通貨に対して技術が担保になっているビットコインですが、トレードをすることはFXと同様可能です。
ではどこが違うのか、いくつか違う点を挙げていきます。

ボラリティ

ドル円やユーロドルなどのFX通貨と比べると数倍から数十倍の値動きをすることがあります。通貨として見ると危ういものを感じますが、投機の対象として見ると非常に魅力的なものになります。

トレード機会

平日しかトレードが出来ないFXと違ってビットコインは土日もトレードが可能です。しかも土日のほうが取引量が多く、活発になります。トレード機会で言えばビットコインのほうが上ですね。

レバレッジ

国内FXが最大25倍という中でビットコインは最大20倍程度となっています。資金効率といった点ではFXの利便性が上になります。

流動性リスク

国内FXの月間流通量は500兆円以上ですが、ビットコインは世界中の取引高でも2500億円程度となっており流動性のリスクが非常に大きいです。買いたい時に買えない、売りたい時に売れないというリスクはなんとしても避けたいものです。しかし、今後の普及次第では流通量が増え流動性のリスクが低減される可能性が大いに考えられます。

まとめ

ビットコインとFXの違いについてわかっていただけたでしょうか?

金のような、有事の際の避難先としてビットコインが選ばれるかもしれません。
ビットコインのマーケットの信頼性が高まってくれば爆発的に普及、流通量の増加が起こる可能性が十分考えられます。10年後にはFX取引のように当たり前に行われる未来が来るかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする