日本円の歴史とシステムトレードについて

yen

日本円の歴史

FXの歴史を勉強していると、昔の日本円の安さにびっくりしてしまうかと思います。

数十年前はドル円レートが360円で固定相場制でした。今の中国人民元みたいな感じの時ですね。それから、ドル円が200~300円程度の変動相場制を経て、プラザ合意でドル円は150円程度へと円高がどんどんと進みました。そこで止まることはなく、アジア通貨ショックや、サブプライムローン問題、リーマンショック、東日本大震災、民主党政権などが立て続けに起き、つい3年前までドル円は70円台でした。

そして今は110円台です。冷静にこうやって考えてみると、ドル円は安定した供給量があるためもあって比較的安定した値動きをする通貨ペアとはよく言われていますが、実際は金相場や原油相場ぐらいかと思えるほどランコルゲが激しい通貨ペアですね。

日本国民としては、安定した生活をしたいので、もう少し安定した相場になってほしいものです。もちろん何十年スパンで考えているからドル円相場が乱高下しているとはいえ、中国人民元も変動相場制になればこのような動きになるのでしょうか。今後注視が必要になりそうですね。

システムトレードで自動取引

現在、様々な日本のFX業者がシステムトレードを導入してきています。

システムトレードとは、色々なテクニカル指標を組み合わせてトレード法則を決め、それに則ったトレードを自動で行ってくれるというものです。

その性質上、人が頭を使って手で操作するような裁量トレードとは違い、全く感情を持たないトレードとなります。そのため、メリット・デメリットが存在します。

メリットは、上がって欲しいとかもう少し利益を伸ばそうなどといった人の感情に流されないトレードを機械的に行えることです。

また、値動きのノイズに惑わされないトレードもできるでしょう。

それに対し、デメリットとしては、指標や要人発言といったファンダメンタルに対応できません。そして、1つの優秀なシステムトレードの法則があったとしても、それが永久に優秀な法則として成り立つわけではありません。

なぜなら、相場の性格は日々徐々に変わっていくからです。こういったシステムトレードのメリット・デメリットを理解して、システムトレードを始めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする