「 国内FX 」一覧

M2Jのトラリピがおすすめな理由

iphonereview3_tp_v
数あるFXの会社の1つに、M2Jがあります。そこは多くのサラリーマンの方々から、非常に高い評価を受けています。なぜならトラリピというシステムは、普段の仕事が忙しい方にとって使いやすいと好評な状況なのです。

IFD注文の連続システム

トラリピの特徴は、とにかく自動的な注文が充実している点です。この業者の場合は、IFDという注文方法を連続的に行う事が可能です。他の会社でもIFDという注文方法があるのですが、トラリピの場合はそれを完全自動にする事が可能です。

決済された後は新規注文が必要

まずM2J以外の会社の場合はIFD注文で利食いなどが発生した時には、改めて新規注文をしなければなりません。例えば100.5で新規注文をし、利食いが100.75だとします。すなわち上昇による利益を狙ったものですが、この場合は100.75になった時には新規注文は無くなる訳です。もう一度同じ注文をしたい場合には、改めて新規注文をする必要があります。

普段忙しいと新規が難しい

ところがサラリーマンの方々は、普段の仕事は非常に忙しいです。上記のような新規注文をしたいと思っても、それが困難なケースが目立ちます
なぜなら、仕事に集中する必要があるからです。会社での作業に集中する必要がある以上、どうしても新規注文の時間も確保できません。それが他の会社でのIFDのデメリットです。

自動で新規発注をしてくれる

ところがトラリピの場合は、上記の100.75で約定された時でも、改めて新規注文が発注される事になります。しかもそれは完全自動になるのです。リピートIFDという発注方法があるのですが、それを設定しておけば、わざわざ手動で新規注文をする必要もありません。
前述のようにサラリーマンの方が、なかなか新規注文の時間も確保できません。しかしトラリピならば自動的に行ってくれるので、特に何も問題は無い訳です。たとえ仕事に集中している間でも、自動的な売買をしてくれるので、とても便利なシステムです。

レバレッジを抑える方々が多い

なおこの会社のトラリピで実際に売買をしている方は、たいていレバレッジを低く抑えています。最大25倍での売買は可能なのですが、リスク管理の為に1倍程度に抑える方々が目立ちます。それでも年間で100%の利益率になる方も多く見られるので、多くの方々から好評なのです。


マネーパートナーズとM2Jの自動システムを比較

9v9a3343_tp_v
数ある証券会社の中には、連続的なシステムを採用している所がいくつか見られます。いわゆる連続の指値を採用する会社が幾つかある訳ですが、マネーパートナーズとM2Jがその候補になり得ます。それぞれ特徴も異なるのですが、枚数を重視するなら前者が望ましいでしょう。しかし完全自動を求めるなら、後者が望ましいと考えられます。

どちらも自動的な指値が可能

まずマネーパートナーズもM2Jも、連続的な指値が可能な業者になります。本来は、建玉が決済された時などは、手作業で新規の指値を設定しなければなりません。それで大きな手間を感じる方々も、非常に多く見られる訳です。

ところが上記の2つの業者の場合は、自動的なシステムが採用されているので、少ない手間で売買ができる訳です。普段の仕事がお忙しい方にとっては、その2つの業者はとても便利です。

通貨の枚数が少ないマネーパートナーズ

ところでマネーパートナーズの場合は、nanoという口座があります。非常に少ない枚数で売買ができる口座で、100枚単位で取引をする事ができます。そこまで少ない枚数で取引できる業者は、非常に貴重です。

そしてnanoでは、前述の自動的な売買も可能なのです。ちなみにM2Jの場合は、1,000枚単位となります。ですので少ない枚数でローリスクな売買が求めるなら、マネーパートナーズの方が良いでしょう。

完全自動になるM2J

ところがマネーパートナーズには1つデメリットもあって、自動的な売買の回数に上限があります。最大20回までという縛りがあるのです。ですので20回に達した時には、もう一度設定し直す必要があります。しかしM2Jの場合は、わざわざ設定し直す必要がありません。トラリピというシステムによって、完全自動での売買が実現できているからです。

ですのでマネーパートナーズの場合は、たまにログインをする必要があります。それに対してトラリピの場合は、ほぼ完全放置でも問題ない事も多いです。あまり多くログインできないならば、トラリピの方がベターとも言えます。

手数料はマネーパートナーズの方が格安

ただコストを考えれば、マネーパートナーズの方が有利でしょう。というのもM2Jの場合は、取引手数料が発生するからです。しかしマネーパートナーズの場合は、それも無料になる訳ですから、比較的リーズナブルな取引ができます。ですのでコスト重視ならば、マネーパートナーズが有利と言えます。

どちらにするかはニーズ次第

マネーパートナーズとM2Jのどちらが良いかは、結局は本人の希望次第と言えるでしょう。コストもしくは枚数を重視するならば、前者の方が良いと考えられます。しかしフルオートでの売買を求めるなら、後者が望ましい訳です。


他社よりも遥かに少ない枚数で売買可能!SBI FXトレードを見てみる

AKANE072160504_TP_V
SBIという会社は、ネット銀行としては非常に有名です。手数料無料で振込が可能なので多くの方々の間で好評です。
しかしその会社の場合は、実はFXの商品も取り扱っています。その1つに、SBI FXトレードがあるのです。

FXで売買をする時の最小枚数

FXでの売買の為には、最小取引枚数があります。例えば最低1,000通貨の会社があるとします。ドル円の売買をするとなると、1万円前後からのでの売買となるのです。ですので800通貨や500通貨などで売買をする事はできません。

また1万通貨と設定された会社の場合は、やはり8,000通貨などで売買をする事はできないのです。あくまでも1万通貨単位となります。

その最低取引高に関するルールは、会社によって異なります。1万単位の会社をあれば、1,000単位の会社など色々です。

1通貨からで売買する事ができる

それで冒頭で申し上げたSBI FXトレードですが、1枚単位で売買をする事ができます。かなり少ない枚数となるので、もちろん上記のような800や700などでも問題はありません。
更にもっと少ない80や7枚などと、非常に少なめな枚数で売買する事も可能です。これだけ少ない枚数で取引が可能なのは、SBI FXトレードくらいです。

枚数が少ないのでリスクを抑えられる

そして、それはSBIの大きなメリットの1つでもあります。上記のような1万枚での売買となると、それだけリスクを大きくなってしまいます。利益が大きくなるメリットはありますが、その逆の損失も大きくなってしまいますので、ハイリスクハイリターンになってしまうのです。ところがSBIの場合は枚数が非常に少ないのですから、ローリスクローリターンになる事だけは確実です。

枚数を抑えたい初心者におすすめ

そしてFXの取引をした事が無い初心者の方などは、まずは少ない枚数で試したいとお考えです。いきなり1万枚で取引をするのもハードルが高いので、まずは控え目な取引をしたいと考える方も多いです。
SBIの場合は、それが可能なのです。ですのでFXの練習をしたいとお考えの方々などは、この業者で口座を作るケースも珍しくありません。
もちろんSBIでは、もっと多くの枚数での売買も可能です。上記のような1,000単位や1万単位での売買も可能なので、必要に応じて枚数を調整する事もできる訳です。