「 国内FX 」一覧

マネーパートナーズの主な3つの特徴

MOK_kyouhei-notepasokonsawaru_TP_V
マネーパートナーズは金融業界では非常に有名で、FXの業界で初の上場を果たしている会社になります。知名度は非常に高く、また会社のシステムは非常に使いやすいと評判の会社です。今回紹介する新しい注文の方法については特筆すべきものがあります。

とても高機能なハイパースピードというツール

まずマネーパートナーズには、独自のツールに特徴があります。ハイパースピードと呼ばれる取引システムがあるのですが、とにかく機能数が充実しているのです。

チャートに実装されているツールの数はとても豊富で動作も非常に軽快です。サクサクと動いてくれるのですから、ストレスを感じずに価格分析ができるでしょう。

100枚単位での売買が可能

マネーパートナーズでは、100通貨単位で取引をする事ができます。これは数あるFX会社の中でも特徴的なポイントになります。
他のFX会社で売買をするとなると、1,000通貨や1万通貨単位になるケースが目立ちます。それだけに、ある程度まとまったお金が必要なケースも多いです。ところがこの業者の場合は100通貨などでも売買ができるのでそれだけリスクを抑える事ができます。

こつこつ積み立てたい・・・など、初心者の方などは少ない単位での売買を望むことも多いので、初級者向けの会社とも言えます。もちろん1万単位や10万単位などと、多くの単位数での取引も可能ですよ。

連続的な指値の注文が可能

そして最近のマネーパートナーズでは、連続注文というシステムが採用されました。いわゆる”トラリピ”に似た非常に便利な機能です。
例えばIFDの注文を考えてみましょう。100円でロングの新規注文をし、102円で利食いの注文を出します。このポジションが決済された後、本来は自分で新規注文の為の注文が再度必要になります。ところが連続予約注文を使うと決済後にも自動的に発注してくれるのです。非常に便利ですね。

このような連続的な注文ができる会社は、他のFX会社が提供するツールの中にはあまりありません。貴重なツールを持っている会社の1つと言える訳です。マネーパートナーズを選ぶ利点はいくつかありますが、その中でもこの連続予約注文は1番のメリットといえるかもしれません。

マネーパートナーズに限らず最近のFX会社は続々と個性あるサービスを打ち出していますね。気になる方はぜひ試してみてください。


どうやって入金するの?FX業者に対する3つの入金方法とそれぞれのメリット

N752_2senensatu_TP_V
FX取引を行う際、証拠金としてFX業者の指定する口座へお金を移す必要があります。
今回は主な3つの方法について説明をしていきたいと思います。

銀行口座からの振込

まず1つ目は、銀行振込で入金を行う方法になります。FX業者の指定口座があるので、窓口やATM、ネットバンキングなどを利用して入金をします。

この方法のデメリットとしては、銀行の営業時間のみにしか入金処理がされないことが挙げられます。

入金を急いでいる人は銀行の営業時間内か、他の入金方法を利用する必要があります。

また、銀行によっては振込手数料がかかる場合が多いので小額の入金には向かないというデメリットもあります。

クレジットカードでの入金

2つ目は海外のFX業者で多いクレジットカードでの入金になります。

数あるFXの業者の中には海外に事業所がある会社も見られますが、そこはクレジットカード入金を取り扱っているところが大半になります。

というのも海外の業者の場合、日本からの振り込みに対応していないことが多くその代わりとしてクレジットカードでの入金が主な方法となります。

手続きの方法はショッピングの方法と同じで、金額やクレジットカード番号など必要な情報を入力すると即時~数分で完了する業者が大半です。

クイック入金での入金

そして国内業者のユーザーのほとんどで利用できる方法が、ネットバンキングを利用した入金です。

多くの業者では、クイック入金と表記しているところが多いです。
この方法の一番のメリットは、まず時間帯が制限されない事です。

前述のように一般的な振込となると、銀行の営業時間に制限されてしまいますが、クイック入金であれば銀行の営業時間外でも利用できるため非常に利便性が高い方法となっています。

また、一般的な振り込みとは異なり、入金手数料がほとんどの業者で無料となります。

クイック入金を利用するにあたり、既存の銀行口座に対してネットバンキングの利用の申請が必要になりますので、利用を予定される方は早めの手続きをお勧めします。

メガバンクをはじめ地方銀行の利用もでき、対応銀行数は非常に多いので国内FXで入金する方法としては最も利用されている方法です。


FXデイトレーダーにおすすめなFX会社

sbi-fx-trade

スプレッドが狭いSBI FXトレード

FXデイトレーダーのFX会社口座開設におすすめなのがSBI FXトレードです。

SBI FXトレードでは何と言ってもスプレッドが狭いのが一番の魅力です。

スイングトレードであればトレード回数が少ないのでそれ程スプレッドは重要ではないですが、デイトレードでは取引回数が多くなりがちです。

 

少しのスプレッドの差でも1年間のトータルで計算するとかなりのコストの差になって出てきます。
そんな時でもSBI FXトレードなら米ドル円で0.27銭と言うスプレッドなのでコストを抑えられると言うのが大きいです。
どれだけ狭いスプレッドを提供しているとFX会社側がアピールしていても安定していないのでは意味がありません。

 

しかし、SBI FXトレードなら提示率95%以上と安定していますので、殆どの時間帯で狭いスプレッドによるデイトレードが行えます。
SBI FXトレードは約定力が高いFX会社としても評価が高いです。

流動性の低い時間帯や重要な経済指標が発表される時間帯などではよく為替相場が乱高下し、スリッページが発生することがありました。
トレーダーに不利な方にスリッページが発生すると損してしまいますが、SBI FXトレードではあまり気にせずにデイトレードができますよ。

 

SBI FXトレードの2WAY注文

さらに2WAY注文と言うトレーダーが許容できるスリッページ幅を指定できる注文方法がご用意されています。
もしトレーダーに不利な方ですべった場合、指定幅以上の時は約定しません。
しかし、トレーダーに有利な方にすべった場合、指定幅以上でも約定するのです。
スリッページによるコストは抑えながら、メリットの方だけ享受できると言うのが魅力です。

 

1万通貨単位でトレードできるSBI FXトレード

通常は1万通貨単位や1000通貨単位であるFX会社が多いですが、SBI FXトレードでは1通貨単位からデイトレードすることが可能です。
殆ど1通貨単位でデイトレードすることは無いでしょうが、トレード環境などを試したい時に便利です。
デモ口座ではリアルマネーを投入せずにトレード環境を試せますが、実際にリアルマネーを投入してトレードするとイメージと違うことよくありました。
そんな時でも1通貨単位による少額トレードができると、実戦感覚で試すことができます。
尚、新規口座開設には本人確認書類の提出とマイナンバーの提示が求められます。

 

マイナンバーの提示については、SBI FXトレード以外でも日本国内のFX業者は全て提示する必要があります。