「 FX体験談 」一覧

FX初心者だった私が大損してしまったときの心の動きを詳しく分析

sep_271415071204_tp_v
私がまだFX初心者だったある日、軽い気持ちでドル円のロングポジションを持ちました。

軽い気持ちというのがすでに間違っているのですが、このときの私は近い将来に訪れることになる大損など、一切予想できていなかったのです。

そんな大損に至るまでの私の心理状態の変化を、これから詳しく分析していきましょう。

まだまだ心に余裕があった序盤

今考えると自分でも信じられないのですが、私がこのときドル円をロングした理由は、ただの値ごろ感だけでした。

私がポジションを抱えてすぐに、相場は私のポジションに対して逆行を始めます。しかしこのときは、「これくらいの逆行はよくあることだ」と、まだ心にも十分な余裕がある状態でした。

確かに、小さな含み損を抱えるたびにビクビクしているようでは、FXを続けていくことはできません。ただしそれは、はっきりとした根拠を元にしてポジションを取った場合にしか持ってはいけない気持ちだったのです。

そんな重大なことに、このときの私は全く気づいていませんでした。

心の中が希望的観測だらけだった中盤

ドル円相場は、私の想像を越えて動きだしつつありました。もはや、「これくらいの逆行」とはいえない水準にまで、円高は進行してしまっています。そして私は、この取引の中での最大の過ちを犯すことになります。その過ちとは、損切りのオーダーを取り消してしまうという、最も避けなければならないはずのものでした。

この時点での私の心は、「ここで損切りしないでおけば、もうすぐ反転するだろう」という何の根拠もない希望的観測だけで覆われていました。そして「反転するだろう」という思いが「反転してくれ」に変わったとき、大損への扉は確実に開いてしまったのです。

恐怖だけが心を支配した終盤

チャート上には、信じられない光景が映し出されていました。

ドル円相場は、この数年間破られていなかったサポートラインをあっさりと突破し、まさに奈落の底へと突き進んでいたのです。このとき私の心にあったものは、まさに「恐怖」だけでした。すでに資金の半分は失われ、今すぐにでも決済をしないと、本当に全てを失ってしまいます。しかし、心を恐怖に支配された私が冷静な判断を下せるはずもなく、何もできないまま時間だけが流れていきました。こうして私は、結局資金の9割を失ったのです。

FXを実践していく上で最も重要なのは、自分の心をしっかりとコントロールするということです。「ただ何となく」という気持ちの緩みが、取り返しのつかない損失を生んでしまうこともあります。

みなさんには、ぜひ私のこの経験を反面教師としていただいて、自身の心のコントロールに努めてほしいと思います。


海外FXのXMなら最大レバレッジ888倍で追証なし。
今ならXM新規口座開設だけで$30プレゼント


長期スタイルの売買でロスカットになってしまった失敗例

SAYA072162733_TP_V
FXでの売買をする方の中には、長期的視野で検討している方も見られます。最近では短期での売買を行う方も増えましたが、今なおスワップ金利などに魅力を感じて、長期でお考えの方々も多いです。ただしそのスタイルでは、口座を放置しないよう注意を要します。

画面を開く回数が少ないメリット

まず長期スタイルのメリットですが、取引画面に向かう時間が少なくなる点です。というのも短期で売買をするとなると、何回も口座の画面を開く必要があります。いわゆるデイトレで売買をする方などは、何回も取引画面を開いている訳です。

しかし忙しい方々の場合は、なかなか時間を割くのも難しいでしょう。本業が忙しいとなると、取引の為の時間を割くのは難しいケースが多いです。

ところが長期スタイルの場合は、基本的には長らく放置する事になります。放置前提となるので、デイトレーダーの方々のようにあまり画面を開く必要がありません。ですのでお忙しい方々でも、比較的やりやすい一面があります。

回数が少なすぎてロスカットになった失敗例

ところで以前に、少々興味深い事がありました。あるOLの方だったのですが、スワップ目的の売買を始めました。それで口座に入金をしてしばらく放置していたのです。それで完全に放置して全くログインをしなくなり、数ヶ月ほど経過しました。

それである時に、FXの会社からメールが届いたのです。ほとんどメールを送信してこないFXの会社だったので、一体どのような用件なのか興味津々でした。
それがロスカットのメールだったのです。放置している間に含み損が拡大し、気が付けば大損失になっていた訳です。本人としては、とにかく唖然としてしまいました。

強制ロスカットが心配なら海外FXの口座の方が良かったと思いました。
海外FXは、XMという業者が有名のようです。
海外FXレバレッジ888倍のXM

放置してしまった事が原因

なぜ上記のようなロスカットになってしまうかというと、放置してしまった事なのは明らかです。確かに長期前提の売買となれば、デイトレードの方々のように取引画面を毎日開く必要は無いでしょう。しかしあまり放置し過ぎるのも禁物なのです。

いくら長期前提といっても時にはログインする事も必要になるでしょう。ログインして資産状況が危ういと判明すれば直ちに対応する事もできます。
しかし放置をしてしまうとそもそも対応できませんね。たとえ長期スタイルでも、1週間に1回くらいの頻度はログインが必要です。


私がFXを始めたきっかけ~パワハラが原因の退職~

5bb437526f295c7132c270cb1976d687_s

FXを始めたきっかけはパワハラが原因の退職

私がFXを始めたのはパワハラが原因の退職がきっかけでした。

勤めていたところの仕事は以前から激務が続いていたので、給与が非常に高いところでした。給与を高くしなければ、誰もやりたがらずにすぐに退職をしてしまう、ということが何度も続いていたそうなのです。

紹介を受けて仕事をしていたのですが、パワハラが酷くて体調を崩し、結局仕事を辞めることになりました。その後、転職をしたのですが、転職をしたら収入が激減。

なんと月収で7~8万円も下がってしまったのです。

そこで何か副収入を得ることが出来ることはないかと考えインターネットで情報収集をしたところ、FXが投資の中では行いやすいということを知りました。

FXを始めるまで思っていたこと

例えば身近な例で言えば、円相場。よく朝やお昼のニュースなんかで、「今日の円相場は・・・」と言っていますよね。
円に対して、ドルやユーロがどれくらいの価値になるのか、ということを予想します。今よりも価値が上がるのか下がるのか。これを予想するだけなので最初は簡単だと思っていました。

副収入を得る方法としては最適だと思います。

NISAも考えましたが口座開設までの手続きが面倒ということもありましたし、株に関する知識がないと続けることが出来ないと判断してFXにしました。(株に比べてFXは取引する通貨が非常に少ないので選びやすいです。)

外国の通貨に対して、円が上がるか下がるかを予想するだけで利益を得ることが出来るということは魅力的でした。転職によって失った収入をFXで得ることができたらいいなと思っていたのです。

情報をチェックするだけでは・・・?

今はオンラインで今後の予想をチェックすることが出来るようになっています。

FXに関する専用の掲示板も雑誌もあります。証券会社も積極的にセミナーを行っています。そういった意味では、初心者が投資を行うにあたって情報が豊富で、投資のいろはを学ぶには環境が整っていると思います。

しかし、掲示板や雑誌の意見を鵜呑みにすると、相場が急変したときに対処ができません。有名なアナリストでも予想を大幅に変えてくることもあります。誰かが上がると言ったから、ということは言い訳にはなりません。

私も最初の頃は、「有名な人が言ってるからドルを買っておこう」と何も考えずトレードをしていたのですが、うまくいかないことが多くなり、それがきっかけで少しずつ自分でも考える癖がつきました。

最初は雑誌や掲示板の内容を参考にし、なぜその予想になったのかというのを自分で考えてみるトレーニングをします。そうやってFXに対しての知識と思考力を勉強していきました。

意見を参考にすることはあっても、最終的に決めるのは自分です。FXを行って利益を得るのではなく、逆に損をするようなことがあってはいけません。

最初は真似をするトレードでもいいかもしれませんが、いずれは自分なりの根拠を持ったトレードをできるようになりましょう。

FXを始めるにあたって

FXを始めるきっかけは人それぞれだと思います。
私は退職がきっかけでしたが、お父さんがお小遣いを自分で増やしたい・・・というのもアリだと思います。しかし知識が全くなければ、大きな損を生み出す可能性があるので、十分に注意をして投資を行いましょう。

少額からスタート出来るというメリットもあるので、まずは小額から投資を勉強したいと考えている人には効果が高いでしょう。