「 FX勝ち方分析 」一覧

FX初心者だった私が大損してしまったときの心の動きを詳しく分析

sep_271415071204_tp_v
私がまだFX初心者だったある日、軽い気持ちでドル円のロングポジションを持ちました。

軽い気持ちというのがすでに間違っているのですが、このときの私は近い将来に訪れることになる大損など、一切予想できていなかったのです。

そんな大損に至るまでの私の心理状態の変化を、これから詳しく分析していきましょう。

まだまだ心に余裕があった序盤

今考えると自分でも信じられないのですが、私がこのときドル円をロングした理由は、ただの値ごろ感だけでした。

私がポジションを抱えてすぐに、相場は私のポジションに対して逆行を始めます。しかしこのときは、「これくらいの逆行はよくあることだ」と、まだ心にも十分な余裕がある状態でした。

確かに、小さな含み損を抱えるたびにビクビクしているようでは、FXを続けていくことはできません。ただしそれは、はっきりとした根拠を元にしてポジションを取った場合にしか持ってはいけない気持ちだったのです。

そんな重大なことに、このときの私は全く気づいていませんでした。

心の中が希望的観測だらけだった中盤

ドル円相場は、私の想像を越えて動きだしつつありました。もはや、「これくらいの逆行」とはいえない水準にまで、円高は進行してしまっています。そして私は、この取引の中での最大の過ちを犯すことになります。その過ちとは、損切りのオーダーを取り消してしまうという、最も避けなければならないはずのものでした。

この時点での私の心は、「ここで損切りしないでおけば、もうすぐ反転するだろう」という何の根拠もない希望的観測だけで覆われていました。そして「反転するだろう」という思いが「反転してくれ」に変わったとき、大損への扉は確実に開いてしまったのです。

恐怖だけが心を支配した終盤

チャート上には、信じられない光景が映し出されていました。

ドル円相場は、この数年間破られていなかったサポートラインをあっさりと突破し、まさに奈落の底へと突き進んでいたのです。このとき私の心にあったものは、まさに「恐怖」だけでした。すでに資金の半分は失われ、今すぐにでも決済をしないと、本当に全てを失ってしまいます。しかし、心を恐怖に支配された私が冷静な判断を下せるはずもなく、何もできないまま時間だけが流れていきました。こうして私は、結局資金の9割を失ったのです。

FXを実践していく上で最も重要なのは、自分の心をしっかりとコントロールするということです。「ただ何となく」という気持ちの緩みが、取り返しのつかない損失を生んでしまうこともあります。

みなさんには、ぜひ私のこの経験を反面教師としていただいて、自身の心のコントロールに努めてほしいと思います。


海外FXのXMなら最大レバレッジ888倍で追証なし。
今ならXM新規口座開設だけで$30プレゼント


チャート形状予測ツールが利用できるFX会社

bis151026473494_tp_v

初心者に便利なチャート形状予測ツール

テクニカル分析が行えるテクニカル指標には一目均衡表やボリンジャーバンドなど様々なトレンド系指標や、RSIやMACDなど様々なオシレーター系指標があります。FXではこれらのテクニカル指標を用いてテクニカル分析を行い、通貨ペアの未来の動きを予測しながら取引を行うのが一般的でした。

しかしテクニカル分析は初心者には敷居が高いものがあります。そんなテクニカル分析が苦手な場合に便利なのがチャート形状予測ツールです。このチャート形状予測ツールは過去から似たようなチャート形状を探しだし、未来のチャート形状を予測すると言うツールです。過去の膨大なデータから自動的に探してくれますので手間が掛からないです。

セントラル短資FXのみらいチャート

セントラル短資FXで提供されているチャート形状予測ツールのみらいチャートでは、売りと買いと中立と3つのシグナルが表示されます。このシグナルに従って取引するだけなのでテクニカル分析ができなくても大丈夫です。みらいチャートでは形状予測チャートと類似チャートも表示されて視覚的に分かり易いです。使い方はとても簡単、クイックチャートトレードプラスの画面上部にあるみらいチャートをクリックして起動させるだけです。

対応通貨ペアは米ドル円やユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円、スイスフラン円などメジャーどころを含めた12通貨ペアです。5分足、30分足、1時間足、日足、週足と5種類の時間足に対応しています。デイトレードなら5分足、スイングトレードなら日足と使い分けできて便利です。

FXトレードフィナンシャルの未来チャート

FXトレードフィナンシャルでも未来チャートが提供されています。一番似ているものから順番に第一近似、第二近似、第三近似と3種類表示されますので、可能性が高いと思ったものを参考にします。

ランキングでは買いと売りの売買シグナルを点数にして合計の高い順からランキング形式で発表されています。ランキング順位が高い方が信頼度が高いと判断することが可能です。FXトレードフィナンシャルのサイトでは未来チャートの体験版をご用意しています。口座開設する前にどんな感じなのか試せます。

チャート形状予測ツールは便利なサービスではありますが100%予測通りになるわけじゃないです。
予測が外れることもありますのであくまでも参考程度に留めておいた方が良いでしょう。


失敗の経験と反復練習の重要性

takebe20160224294812_TP_V
FXでは損切りは必要不可欠な要素です。損切りせず塩漬けするということは非常に危険です。

特に初級者の方々などはそれを行う事ができずに、大損失が発生する事例が目立ちます。

ポジションを持つ

FXの基本は、まずは新たにポジションを持つ事からです。それで例えば、100円というレートにてポジションを持ったとします。今後その外貨が上昇すると考えたので、とりあえずはポジションを保有したとしましょう。

しばらく時間が経過すれば、もちろんその価値が変動する事になります。上記の事例ではロングを持ったので、もちろんこの場合は上昇を期待する事になるのです。まずはこのような形で、ポジションをする事になります。

しかしFXは、必ずしも予想通りに動くとは限りません。むしろ自分の予想とは逆の方向に動くケースも、決して珍しくはないのです。
上記の事例ではロングポジションを持ったので、この場合は上昇すれば良い訳です。ところが現実には上昇せずに、90円台などに下落してしまう事がよくあります。自分の思い通りにならないケースは、FXでは珍しくないのです。

予想に反して損失が拡大してしまう

上記の100円というポジションは、80円台などに下落すると、かなり大きな損失になってしまいます。1万通貨を保有していたら20万円の損失ですし、もちろんもっと多い枚数ならばさらに損失が大きくなる訳です。

上記のような20万近くの損失になった時は、もうなるべく早めに損失を拡大する方が望ましいと言えます。なぜなら今後も下落する可能性があるからです。
しかし多くの初心者の方は、このタイミングで損失確定ができません。それで更に下落が拡大し、30万以上などに膨らんでしまうケースもあるのです。それでロスカットが余儀なくされるケースも珍しくありません。

損切りを覚えるのが第一

このような失敗などを経て、損切りの重要性を覚える必要があります。これを覚えない限りは、FXではたいてい負け組になってしまいます。淡々と損切りができるようになれば、FXのトレーダーとしては中級入りとも言われているので、できるだけ早めに損切りの大切さを覚えるのが望ましいです。