「 FX勝ち方分析 」一覧

損失を減らす為に出来る様々な想定とは?

IMARIC20160805210023_TP_V
FXで投資を行うにあたって大損が発生してしまったことはありませんか?実はそれらの多くは想定不足が原因で起こっていることが多く、逆に言えば色々な状況を想定しておけばそれらの損失を回避できる事例が目立ちます。今回はパターン別にその想定をしていきたいと思います。

予想外の動きをするとき

例えばある時に、外貨のレートが100円になっていたとします。それで今後はゆるやか上昇して、101円や102円まで上がると考えました。この場合は、当然ながらレートが上昇する事を前提に建玉を保有していくでしょう。
ところが予想通りに行くことばかりではありません。実際には上がるどころか、下がってしまう(急落する)ケースも多々あるのです。

現に数年前のリーマンショックの時などは、まさにそのパターンでした。あの時は多くの人々が上昇すると思い込んでいましたが、実際には株価の暴落に始まり様々な指数の価格が下落しました。103円に上昇するどころか、90円や80円まで大きく下がってしまっていました。もちろん、損切りが出来なければそれは大損失になってしまう訳です。

なぜ上記のような大損失になってしまうかと言われれば、「下落」を考えていなかったからです。上昇すると思い込み1つで大きな損失になってしまう可能性があります。逆に言えば何らかの突発的な原因で下落をする事を想定することができれば大損失を回避できた可能性があります。ですので建玉を保有する前段階において、上昇だけでなく下落することを考えしっかり損切りを入れておく必要があるのです。

トレンドが発生しない状況も考える

ポジションを持つと上がるか下がるかの2択を考えがちです。しかし実際には、もう1つのパターンがあります。レンジ相場に突入した時です。FXの相場では約7割前後は保ち合いと言われているのでそれを想定しておく事も非常に重要なのです。
このように「考えられる事態を全て想定しておく」のが大切です。色々な事態を想定して、それに合わせた対応策なども色々と考えておくと、損失を抑え安定した成績を残せるようになります。

シミュレーションを使ってみる

なおFXの業者によっては、今後の想定損失などを計算する為のシミュレーションなどもあります。それにレートなどを入力してみると、今後の利益率など様々なことを計算してくれます。建玉を保有する前に、そのツールで計算をし、心の準備をしておくだけでもかなり損失率が低くなる傾向があります。

トレードをしていると勝った時のことを想像しがちですが、大切なのは負けた時にどうするかです。「こんなはずじゃなかった」ということにならないように様々なことを想定できるようにしましょう。


FXで損を大損にしないためのふたつのコツ

IMARIC20160805310323_TP_V
FXをやっているとどうしても損をする局面が出てきますよね。損切りをすること、それは投資である以上仕方のないことです。

問題は損切りをしないことではなく「損を大損にしないこと」この点にあります。
損を大損に拡大しないためのコツをふたつ、ご紹介したいと思います。

一度損切りルールを決めたら、何があろうが必ず損切りすること

これは読んで字の如くです。
一度○○円の損が出たら損切りする、価格が○○円になったら損切りする、一度損切りのルールを決めたら、何があろうがそれを実行するのです。
文字で書くと簡単じゃないかと思われるかもしれませんが、実際にやってみるとこれがまた難しいのです。

人間はどうしても損をしたくない心理が働くものです。ルール上損切りしないといけないという場合でも、「いや、これから相場は反転する」「いまが底値だ」という何の根拠もない楽観的な考えが頭の中をよぎり、ついその楽観的な考えを信じて損切りをやめてしまうものなのです。そして大抵の場合、その楽観的な考えがはずれて大損してしまいます。

ですので、一度損切りルールを決めたら、何が何でもそれを守らなければいけないのです。
そうすれば損をしても、大損をしなくてすみます。

コツコツドカンを避ける

コツコツドカンとは、コツコツと儲けて、ドカンと大損することをいいます。
例え勝率が70%、いや90%であっても、一度ドカンと大損しただけで致命傷を負って退場する事があります。これを避けるためには「勝っているから」「相場の波が読めているから」と言って急に投資金額を上げないことです。

人間というのは、負けているときは弱気になりますが、勝っている時には強気になります。「これだけ上手くいっているんだから一気に勝負しよう」と調子にのってしまうことがあります。
これは(上手くいくこともありますが)コツコツドカンのフラグなので決してやってはいけません。投資金額を上げるなら、少しずつ少しずつ慎重に上げていかなければいけません。そうしないと足元をすくわれてドカンと大損します。

せっかくコツコツと勝ちを重ねていても、たった1回のドカンで全てを失ってはお話にもなりません。FXでは勝っているときこそ慎重にならなければいけないのです。
それが、コツコツドカンを避ける唯一の手段なのですから。


初心者でも使いやすいマルチタイムフレーム分析

N811_oyatunojikanwosasutokei_TP_V

テクニカル指標とは?

テクニカル指標というのは為替相場の動きを見て売買のタイミングを決める際に参考にする指標のことをいいます。このようなテクニカル指標はたくさんの種類があり、すべてのテクニカル指標を見てトレードすることは現実的ではありません。

トレーダーは自分の取引のスタイルに合っていて、かつ自分が使いやすいテクニカル指標をいくつか組み合わせて使っているケースがほとんどです。テクニカル指標を1つだけしか見ていないと、相場の1面しか見ていないことと同義で非常に危険です。したがって複数のテクニカル指標を組み合わせ、売買のタイミングについて判断をするようにしましょう。

初心者でも使いやすいテクニカル指標の代表であるマルチタイムフレーム分析

テクニカル指標の中には複雑で理解するのが骨であるといったようなテクニカル指標も存在します。その中でも比較的理解しやすく、効果を発揮しやすい指標にマルチタイムフレーム分析というものがあります。このマルチタイムフレーム分析は長期・中期・短期のチャートという3つのチャートを見てその為替相場に上昇の傾向があるか、下降の傾向があるかといったことを判断するという方法になります。

チャートというのはある一定期間の為替相場の値動きを記録したものです。このマルチタイムフレーム分析において、ポイントは長期のチャートから見ていくことです。長期のチャートを見て上昇のトレンドが出ていること確認し、短期のチャートをチェックし、上昇トレンドを確認するという流れになります。長期でも短期でも確認できるということは、ここで初めてこの上昇トレンドは一時的なものではなく、しばらく続くと判断が出来るため通貨を買うことが出来ます。このように長期・中期・短期のチャートの組み合わせで相場の傾向をより正確に分析する手法がマルチタイムフレーム分析になります。

トレードスタイルにもよりますが、デイトレーダーであれば、長期は大体日足チャート、中期は1時間足チャート、短期は5分足チャートくらいのチャートを見ることになります。

以上は簡単な例になります。自分のスタイルに合った時間軸を見つけて、安定したトレードを行うことが出来るように試行錯誤してみて下さい。