「 FX勝ち方分析 」一覧

損切のポイントがわかる? ポジションチェッカーの活用の仕方

CC176164739_TP_V
オーダー、ポジショングラフ見てますか?

FX会社の中には顧客のポジション情報を公開しているところがあります。
このグラフから何を読み取ればいいのか、そしてどう使っていいのか、今回はoandaのオーダー情報を例に説明していきます。

損切のポイントがわかる?まずはオーダー情報から

ポジションを持った時に、損切のオーダーはほとんどの人が入れると思います。
他の人の損切りオーダーを見ることが出来たら、有利だと思いませんか?

SLオーダー
例えば90円台後半で推移してるドル円があるとします。
100円に損切のオーダーが溜まっていることが分かりました。

100円の価格をつけたドル円、さぁこの後どういう動きをすると思いますか?

そう、多くの損切りを巻き込み、急上昇をします。
よくニュースでストップロスを巻き込み・・・という記事を見たことがあると思いますが、まさにこれなんですね。

オーダーが溜まっているところは動きが出やすい。これを見ることができるだけでもトレードのシナリオを考えるにあたってかなりやりやすくなると思います。

みんなはどこでポジションを持っている?ポジション情報を見てみよう

オープンオーダー
こちらの方がイメージしやすいかもしれませんね。
どれくらいのポジションが、どの価格にあるかという情報です。

ロングのポジションが現在の価格より低いところに多ければ、含み益が多いポジションを表し、高いところにあればその逆となります。

このポジション情報を見ることによってどこにどんなポジションがあるかというのを見ることができ、今後の値動きの傾向を考えるにあたっての材料とすることができます。

今回のオーダー情報では、ロングの含み損を抱えているポジションが大きいためこのポジション群がまとまって損切をした場合、下落が加速するかもしれない、というシナリオをたてることができます。

また、103~105円のオーダー情報を見ると売りの注文が入っていることが見られるため、この水準まで落ちてくるとずるずると下落するかもしれない、とも考えることもできます。

このようにポジション情報とオーダー情報を分析することによって、相場の方向性を考えることができます。

今まで「なんでここで動きが加速するのだろう?」と思ったことはありませんか?
こういった視点から考えてみると、納得することができるかもしれません。ぜひこの考え方を身に着けて、相場の動きをとらえられるようになりましょう!


テクニカル分析の基本!移動平均線はどう使う?

PAK136151305_TP_V
移動平均線を使用した予想の方法

移動平均線とは

移動平均線とはある一定期間の数値を平均化した線のことで、ローソク足チャートなどに加えられる形で表示されます。

移動平均線は価格を平均した値ですから、現在の値が決められた期間の平均値よりも現在の価格が高いのか、安いのかといった事がわかります。
従って移動平均線が上を向いていれば上昇トレンドと判断、下を向いていれば下降トレンドと判断をすることができます。

さらには短期の移動平均線が長期の移動平均線を突き抜けるような値動きをする場合はゴールデンクロス、逆に下に突き抜けるような動きをする場合をデッドクロスといい、売買判断として重宝されています。

移動平均線はローソク足と組み合わせることで買い時、売り時を図るための視覚的な重要な線なのです。

75日移動平均線(方向線)を使った予想

一部では75日移動平均線こそもっとも重視するべき移動平均線であり、75日移動平均線を方向線と呼んでいるトレーダーもいるそうです。

75日移動平均線はその名の通り75日間の平均値を線にしたもので、売買の大きな判断になります。

大まかに言って75日移動平均線が上を向いているときは上昇基調と判断され、買いを入れることによって勝率が上がることが多く、逆に75日移動平均線が下を向いているときは下落基調ですので、売りを入れたほうが勝率が上がりやすくなるといわれています。

また、たとえば75日移動平均線が上を向いているときは、ほとんどの時間、価格は方向線の上側にあり、方向線から離れるように上昇していきますが、勢いがなくなってくると方向線のほうに向かって値が落ちてくる場合があります。

しかし、その時は方向線に近づいたところで反発する可能性があるので(いわゆる押し目)価格が高いところで買いを入れず、方向線まで価格が落ち着くのを待つというのもトレードロジックのひとつとなります。

また、方向線で明確にバウンドし、跳ね返りが強いことを確認してから買いを入れればより慎重であり、勝率アップに大きく貢献します。

逆に上昇基調ではあったが値が方向線に近づき、上昇反発力が弱く方向線を割り込み、さらには下落の動きを見せる場合はトレンドの転換である可能性が高く、こういう時に方向線に近づいたからといって買いを入れるのは禁物です。

今度は上昇基調から下落基調にトレンドが変換してしまった可能性が高いです。そういう時は明確にトレンドが変換した可能性が高いと判断する場合は、逆に売りを入れてもいいでしょう。

方向線がその後下向きになるようなら、下落トレンド入りしたことになります。


FXは損切り命!上手に損切りするお勧めの方法

teikousen

FXは損切り命

FXで資産を築くためには損を拡大させないこと、つまり損切りすることがすごく大切です。
時々、損切りをしないでポジションをどんどん積み上げているピラミッティング手法をしているトレーダーもいますが、いつかは資産が底をついてしまいます。

もちろん、スワップ取引ならレバレッジを1倍や2倍に設定して日々スワップを貯めていけばいいわけですから、損切りする必要はないでしょう。
ただ、短期売買やデイトレードは損切りする必要があります。

逆指値注文はどこに入れるのがベスト?

FX初心者の人は、どこに逆指値注文を入れたらいいのか迷う人も多いでしょう。
逆指値を入れるポイントは、みんな人それぞれですが、基本的には抵抗線やレジスタンスラインを抜いた当たりに逆指値注文を入れるのがポイント。
時々”だまし”もあるのでギリギリのラインで逆指値を入れるのはオススメしません。

逆指値注文を抵抗線やレジスタンスラインを抜けたところに入れる理由

15分足や1時間足などを元にチャートの抵抗線やレジスタンスラインを引いてみます。
大きく2回、反発・反落しているポイントは、他の世界中のトレーダーも損切りやどてんラインとしていることが多いです。

他のトレーダーも損切りやどてんラインとしているということは、そこのラインを抜けたら走るという意味です。
損失を拡大させない為にも抵抗線やレジスタンスラインのポイントに逆指値注文を入れた方が良いでしょう。