「 FX勝ち方分析 」一覧

FXにおけるダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンス

Finance

オシレーター系指標は役に立たない?

FXや株・指数・CFD取引のチャートで、RSI、ストキャスティクス、MACDなどオシレーター系指標は相場の強弱を見る時に便利と言われていますよね。
RSIなら数値が20以下になったら売られ過ぎ、80以上になったら買われ過ぎと判断しています。
しかし、トレンド相場ではあまり役立たないことがありました。
上昇トレンドから下落トレンドへ、下落トレンドから上昇トレンドへと転換した時も分かり難いです。

 

オシレーター系指標の代わりになる指標

そんな時でも役に立つダイバージェンスと言う見方があるのを知っていますか。
ダイバージェンスはトレンドが転換する先行指標として使えるのが一番の特徴です。
相場では高値を切り上げて上昇していく、安値を切り下げて下落していると言うパターンがよく見られます。
オシレーター系指標の数値もそれに合わせて高値を切り上げていく、安値を切り下げていく傾向があります。
しかし、次第にオシレーター系指標の数値が追いつかなくなることがあります。
RSIでは最低でも0まで、最高でも100までの数値です。
相場が高値を切り上げて上昇してもオシレーター系指標の高値は切り下がっていく、相場が下値を切り下げて下落してもオシレーター系指標の下値は切り上がっていくと逆転現象が見られた時がダイバージェンスです。
このダイバージェンスが見られた時はトレンド転換の予兆だと言われています。
上昇トレンド中に見られたら下落トレンドへ、下落トレンド中に見られたら上昇トレンドへ転換する可能性が高いのでいったんポジションを解消しておきます。
一度目のダイバージェンスでは転換しない場合もあり、二度目三度目で転換することもあります。

 

ヒドゥンダイバージェンス

さらにオシレーター系指標ではヒドゥンダイバージェンスと言う見方もあります。
相場が下値を切り上げて上昇したのにオシレーター系指標の下値は切り下がっている現象が見られたら上昇トレンドはこのまま継続する、逆に相場が上値を切り下げて下落したのにオシレーター系指標の上値が切り上がっている現象が見られたら下落トレンドはこのまま継続する傾向がよく見られるのです。
つまりヒドゥンダイバージェンスはトレンドの継続性を判断する際に役立つわけです。

ダイバージェンスもヒドゥンダイバージェンスもエントリーシグナルとしては役立ちませんので注意が必要です。
しかし、移動平均線と言ったトレンド系指標よりも早めに予兆が出ると言うのが大きいので参考にしてみて下さい。


FXの両建ては意見が分かれる手法。FX両建ては意味があるのか

chart

「両建て」って本当に意味があるの?

トレーダーの間ではどの取引手法が効果的かといったような観点で、さまざまなテクニカル指標や投資手法についての議論が日夜行われています。

そんな中、熟練したトレーダーの間でもその手法の効果に意見が割れているというものがあります。

それが今回紹介する「両建て」という手法になります。この両建てという手法は具体的に言うと、自分が取引をしている通貨が下落し始めた時にその通貨に対しての売り注文と買い注文を同時に出すというものになります。

例えば商売で言うなら、リンゴを100円で買う注文を出すのと同時にリンゴを100円で売る契約を結ぶといったことになります。このように説明すると両建てという行為は全く意味のない行為のように見受けられます。

また、実際にこの両建てという取引をコンピュータに行わせてみたところ、ただ証券会社に払う手数料が多くなっただけの結果に終わったという意見もあります。

しかし、このような両建てという手法を用いるトレーダーは消えることはありません。一体なぜなのでしょうか?

 

両建てする最大のメリットはその精神面での安心感?

この両建てという取引手法のほとんど唯一にして最大のメリットはトレーダーに精神面での安心感を与えることができるというものになります。

FX取引というのは為替相場が上昇または下落するトレンドというものが発生すると一気にその方向に向かって値動きが加速していくという傾向があります。

自分が持っている通貨が下落していく局面においてその通貨を持ち続けるというのは非常に勇気が入りますし、その下落の恐怖でパニックに陥り正常な判断ができなくなる場合があります。

このような精神的な不安定を回避するための方法として、損失が発生し始めた時点で両建てを行っておくという方法があります。損失が発生し始めた時点で両建てを行うことでどんなにその後通貨が下落したとしても、自分が両建てをした時点以上の金額の損失は発生しないということになります。

したがって、どんどん下落が続いている状態でも精神的な安定を保った状態で取引の行方を見守ることができます。

このような精神的なメリットというのはFX投資では実際の投資金額以上の効果があります。人間はロボットではないため、為替相場で動揺して大損をしないようにするためにはこのような精神的な安心を与える両建てという手法はあながち無駄な方法とは言い切れないものになります。


FXを実践する上で使えるテクニカルBEST3

3位
FXを実践していく上で、テクニカル分析は欠かすことのできない要素です。
そこでこれから、使えるテクニカル指標のBEST3を発表したいと思います。

第1位 移動平均線

堂々の第1位は、誰もが知っている移動平均線です。
「今さら移動平均線なんて…言われなくてもわかってるよ」と思ってしまうかもしれませんが、基本中の基本だけに特に重要だということで、1位に挙げさせていただきました。
移動平均線は、利用しない人がいないと言ってもよいほど、ポピュラーなテクニカルになります。
いわゆるプロのトレーダーの中には、ほぼ移動平均線しか利用しないという人も存在するぐらいです。
つまりそれだけシンプルで、使いやすいテクニカルだということになります。

 

第2位 ボリンジャーバンド

第2位は、ボリンジャーバンドです。
こちらも非常に多くのトレーダーが使用しているテクニカルになります。
ボリンジャーバンドといえば逆張りが有名ですが、おすすめしたいのは「利確のタイミングを計る」という使い方です。
たとえばボリンジャーバンドの基準線などは多くのトレーダーに意識されやすく、売り買いが交錯するポイントになりやすいという点が挙げられます。
その特性を利用して、順張りのポジションを持っている場合の利確ポイントにすることができるのです。
もちろん100%良い結果が出るとは限りませんが、ボリンジャーバンドを利用しているかどうかで、収益に差が出てくるのも事実です。
もしもまだ利用していないのであれば、これからは積極的に使ってみることをおすすめします。

 

第3位 ピボット

ピボットとは、前日の終値、そして高値と安値だけを用いて表されるシンプルなテクニカルです。
特に海外のトレーダーの間で人気が高く、ピボットによって示されたサポートラインやレジスタンスラインは、よく機能することで知られています。
ピボットもボリンジャーバンドと同様に、利確の目処として利用することが可能です。
多くの人が意識するポイントになるため、一度値動きが停滞することが多くなるからです。
さらにピボットは、トレンドの判断にも利用できます。
数日に渡ってだんだんとラインが上がっていれば上昇トレンド、逆の場合は下落トレンドであると推測できるのです。


いかがでしたでしょうか。
FXを実践していく上で、テクニカルはなくてはならない存在です。
しかし、あれもこれもと、ただ闇雲に多くのテクニカルを利用しているだけでは、なかなか収益の向上につなげることはできません。
まずは今回ご紹介した優れたテクニカルを利用した上で、そこから独自の手法を編み出してみてはいかがでしょうか。