「 FX勝ち方分析 」一覧

FXで効率よく勝つために実践すべき3つのこと

forex
FXで効率よく勝ち続けるためには、いくつか知っておかなければならないことがあります。
その中で特に重要だと考えられる3つのことを、これからご紹介していきましょう。

複数の取引手法を用いる

FXにおける取引手法は、千差万別、十人十色です。
ファンダメンタルズを中心とした取引手法もありますし、高度なテクニカル分析に基づいた取引手法もあります。
重要なのは、取引手法を一つに絞ってしまわないことです。
取引手法にはエッジ(優位性)の存在が不可欠ですが、逆にいえば、エッジさえあれば一つに絞ってしまう必要はありません。
むしろ複数の取引手法を用いた方が、リスクを小さく抑えるという意味では効果的なのです。
たとえ気づかないうちに一つの取引手法のエッジが失われていたとしても、その他の取引手法が機能してさえいれば、最低限の利益を確保することが可能になります。

 

複数の通貨ペアを取引する

日本人に最も馴染みが深い通貨ペアといえば、やはりドル円ではないでしょうか。
ドル円相場は参加者も多く、特にFX初心者のうちはおすすめの通貨ペアになります。
しかし、いつまでもドル円の取引だけに集中するのは、あまり効率的であるとはいえません。
通貨ペアの組み合わせを制限してしまうということは、それだけ利益を上げるチャンスも制限してしまうことにつながります。
ですから、ある程度取引に慣れてきた頃合いを見計らって、複数の通貨ペアで取引を始めることをおすすめします。
最低限、三大通貨であるドルとユーロ、そして円の動きには注意を払うようにしましょう。

 

利確は分割して行う

FXで効率よく収益を上げる上で、利確のポイントは大きなウェイトを占めるものです。
利は大きく伸ばし、損は素早く切るというのが当然のセオリーですが、実はそれだけではまだ物足りません。
みなさんにぜひおすすめしたいのは、利確を分割して行うということです。
たとえばロングポジションを抱えていたとして、利確ポイントを直近のレジスタンスラインに設定しているとします。
もちろんそこで全てを利確することが間違いだというわけではないのですが、ポジションの全てを利確してしまうと、その後レジスタンスラインを抜けて大きく上昇した分を取り損ねてしまう結果になります。
そこで、利確は半分だけに留めて、残りはもう少し様子を見てからにするという手法が有効になるのです。
いかがでしたでしょうか。
FXで勝つ確率や効率を高めていくためには、さまざまな工夫が必要になります。
ここで記した内容をまだ実践されていないという方は、ぜひ試してみてください。