私がFXを始めたきっかけ~パワハラが原因の退職~

5bb437526f295c7132c270cb1976d687_s

FXを始めたきっかけはパワハラが原因の退職

私がFXを始めたのはパワハラが原因の退職がきっかけでした。

勤めていたところの仕事は以前から激務が続いていたので、給与が非常に高いところでした。給与を高くしなければ、誰もやりたがらずにすぐに退職をしてしまう、ということが何度も続いていたそうなのです。

紹介を受けて仕事をしていたのですが、パワハラが酷くて体調を崩し、結局仕事を辞めることになりました。その後、転職をしたのですが、転職をしたら収入が激減。

なんと月収で7~8万円も下がってしまったのです。

そこで何か副収入を得ることが出来ることはないかと考えインターネットで情報収集をしたところ、FXが投資の中では行いやすいということを知りました。

FXを始めるまで思っていたこと

例えば身近な例で言えば、円相場。よく朝やお昼のニュースなんかで、「今日の円相場は・・・」と言っていますよね。
円に対して、ドルやユーロがどれくらいの価値になるのか、ということを予想します。今よりも価値が上がるのか下がるのか。これを予想するだけなので最初は簡単だと思っていました。

副収入を得る方法としては最適だと思います。

NISAも考えましたが口座開設までの手続きが面倒ということもありましたし、株に関する知識がないと続けることが出来ないと判断してFXにしました。(株に比べてFXは取引する通貨が非常に少ないので選びやすいです。)

外国の通貨に対して、円が上がるか下がるかを予想するだけで利益を得ることが出来るということは魅力的でした。転職によって失った収入をFXで得ることができたらいいなと思っていたのです。

情報をチェックするだけでは・・・?

今はオンラインで今後の予想をチェックすることが出来るようになっています。

FXに関する専用の掲示板も雑誌もあります。証券会社も積極的にセミナーを行っています。そういった意味では、初心者が投資を行うにあたって情報が豊富で、投資のいろはを学ぶには環境が整っていると思います。

しかし、掲示板や雑誌の意見を鵜呑みにすると、相場が急変したときに対処ができません。有名なアナリストでも予想を大幅に変えてくることもあります。誰かが上がると言ったから、ということは言い訳にはなりません。

私も最初の頃は、「有名な人が言ってるからドルを買っておこう」と何も考えずトレードをしていたのですが、うまくいかないことが多くなり、それがきっかけで少しずつ自分でも考える癖がつきました。

最初は雑誌や掲示板の内容を参考にし、なぜその予想になったのかというのを自分で考えてみるトレーニングをします。そうやってFXに対しての知識と思考力を勉強していきました。

意見を参考にすることはあっても、最終的に決めるのは自分です。FXを行って利益を得るのではなく、逆に損をするようなことがあってはいけません。

最初は真似をするトレードでもいいかもしれませんが、いずれは自分なりの根拠を持ったトレードをできるようになりましょう。

FXを始めるにあたって

FXを始めるきっかけは人それぞれだと思います。
私は退職がきっかけでしたが、お父さんがお小遣いを自分で増やしたい・・・というのもアリだと思います。しかし知識が全くなければ、大きな損を生み出す可能性があるので、十分に注意をして投資を行いましょう。

少額からスタート出来るというメリットもあるので、まずは小額から投資を勉強したいと考えている人には効果が高いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする