長期スタイルの売買でロスカットになってしまった失敗例

SAYA072162733_TP_V
FXでの売買をする方の中には、長期的視野で検討している方も見られます。最近では短期での売買を行う方も増えましたが、今なおスワップ金利などに魅力を感じて、長期でお考えの方々も多いです。ただしそのスタイルでは、口座を放置しないよう注意を要します。

画面を開く回数が少ないメリット

まず長期スタイルのメリットですが、取引画面に向かう時間が少なくなる点です。というのも短期で売買をするとなると、何回も口座の画面を開く必要があります。いわゆるデイトレで売買をする方などは、何回も取引画面を開いている訳です。

しかし忙しい方々の場合は、なかなか時間を割くのも難しいでしょう。本業が忙しいとなると、取引の為の時間を割くのは難しいケースが多いです。

ところが長期スタイルの場合は、基本的には長らく放置する事になります。放置前提となるので、デイトレーダーの方々のようにあまり画面を開く必要がありません。ですのでお忙しい方々でも、比較的やりやすい一面があります。

回数が少なすぎてロスカットになった失敗例

ところで以前に、少々興味深い事がありました。あるOLの方だったのですが、スワップ目的の売買を始めました。それで口座に入金をしてしばらく放置していたのです。それで完全に放置して全くログインをしなくなり、数ヶ月ほど経過しました。

それである時に、FXの会社からメールが届いたのです。ほとんどメールを送信してこないFXの会社だったので、一体どのような用件なのか興味津々でした。
それがロスカットのメールだったのです。放置している間に含み損が拡大し、気が付けば大損失になっていた訳です。本人としては、とにかく唖然としてしまいました。

強制ロスカットが心配なら海外FXの口座の方が良かったと思いました。
海外FXは、XMという業者が有名のようです。

放置してしまった事が原因

なぜ上記のようなロスカットになってしまうかというと、放置してしまった事なのは明らかです。確かに長期前提の売買となれば、デイトレードの方々のように取引画面を毎日開く必要は無いでしょう。しかしあまり放置し過ぎるのも禁物なのです。

いくら長期前提といっても時にはログインする事も必要になるでしょう。ログインして資産状況が危ういと判明すれば直ちに対応する事もできます。
しかし放置をしてしまうとそもそも対応できませんね。たとえ長期スタイルでも、1週間に1回くらいの頻度はログインが必要です。