勝つことよりも大事なこと。継続的な投資のためのリスク管理

CC176164632_TP_V

FX投資で取り返しがつかないことになる前に考えておくリスク管理

FX投資はうまく取引をすることができれば大きく儲けることができる非常に魅力的な投資方法になります。

しかしFX投資に関してはレバレッジといって、口座に入っているお金の最大25倍のお金を利用して投資することが可能です。したがって、大きく利益をとる可能性もありますが、場合によっては大きな損失を被ることがあります。

特に為替相場においては一度下落や上昇のトレンドというものが発生すると一気にレートが上昇したり下落したりして大きな損失を被る場合もあります。

したがって、FX投資で取り返しのつかないことになったと後悔しないように最初に考えておくべきなのがリスク管理になります。

リスク管理で考えておくべき2つのこと

FX取引において初心者はまず2つのことをしっかりと決めておく必要がります。

それが「1日の取引でどれだけの金額を損したら、その日の取引をやめるのか」、「1回の取引において動かすお金はいくらにするのか」の2点になります。

この2点だけは絶対にFX取引を始める前に決めておく必要があります。
この2点を決めないでFX取引を始めてしまうと、損をして取り戻そうとした時に取り返しのつかないほどの損失を被る可能性が飛躍的にあがります。
必ずこの2つのルールについては決めておくようにしましょう。

1日の取引でどれだけの金額を損したら、その日の取引をやめるのか

まず「1日の取引でどれだけの金額を損したら、その日の取引をやめるのか」というのはいわゆる損切りのポイントを決めるということです。

この損切りをする基準を自分の中に設けておかないと、それこそ1日の取引でFXに投資した金額のすべてを失ってしまったということにもなりかねません。

必ずこの金額まで損失が膨らんだら、悔しくてもその日の取引は止めるという基準を決めておくようにしましょう。

1回の取引において動かすお金はいくらにするのか

また、もう一つのポイントは「1回の取引において動かすお金はいくらにするのか」です。

FX投資で破産した人の統計を取ったデータによると、1回の投資において投資する金額を一定にせずにその場その場の雰囲気で投資金額を決めていた人については、非常に破産の可能性が高いというデータが出ています。

どんなに為替相場が上がりそうだ・下がりそうだと感じたとしても投資する金額は一定金額と決めておきましょう。
目安としてはFXに投資している金額の合計額の5~10パーセント以下に抑えるとよいとされています。

以上の2つのことを守って継続的にかつ確実に利益を重ねていけるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする