FXにて売買をする時の主たる4つの注意点

anzen

FXで売買をする際には、いくつか注意しておく方が良い点があります。

総じて損失対策に関わる点ですが、成績見直しなどもその1つです。リスクを抑えられるようにする為にも、時々は自分の履歴などを確認するのが望ましいでしょう。

リスクを想定しておく

FXで失敗をする方の多くは、たいていリスクを軽視してしまっています。

失敗した時に発生し得るリスクの想定不足などにより、大きな損失が発生してしまう人が多いのです。
リスクを無視しては、この金融商品では大損になるケースも多いです。一晩で数千万前後の損失が発生した事例も多々見られます。

まずは損失の怖さを知っておき、色々な角度からそれを想定する事が重要です。

ロスカット金額の計算をしておく

そしてリスクがある事は知っていても、思わぬロスカットで驚愕してしまっている事例もたまに見られます。

大きな損失が発生し得る事を自分なりに想定はしていても、肝心のロスカットに至るまでのレートなどが計算しきれていない事も多いです。


しかしロスカットなどは、業者のシミュレーションなどのシステムで、ある程度は計算する事ができます。したがって取引を行う前に、まずはシミレーションに触れる事自体が必要です。

経済指標の突発的な動きを想定する

初級者の方々にありがちなのは、経済指標を完全に忘れている事です。特にアメリカの失業率などが発表された時には、かなり大きな動きが生じる傾向がありますが、初級者の方は経済指標をすっかり忘れてしまっているのです。

それで不測の大きな動きが生じて、ペースが乱れてしまっているケースがしばしば見られます。ですので指標のカレンダーなどは、常にチェックしておくのが望ましいです。

時々は自分の売買履歴を確認

そして何回か売買を行えば、もちろんそのデータが蓄積されていきます。

いわゆる売買履歴の項目で確認できる訳ですが、それらの売買履歴は定期的に見ておくのが望ましいです。
自分の履歴を見てみると、取引に関する問題点などが色々と見えてきます。それで自分の売買のやり方を軌道修正する事も、時には必要です。

それでリスクを軽減できる事も、多々あるからです。FXの上級者の方々ほど、この売買履歴の確認を細かく行っている傾向があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする