FXの短期投資で儲けるために必要な3つのコツ

money

FXの短期投資(スキャルピングやデイトレなど)は、一般的な投資とはまったく異なる異端の投資方法です。
そのFXの短期投資で儲けるためのコツについてご紹介します。

1. 長期トレンドは完全に無視する

FXに限らずどんな投資をする時でも、まず気になるものは相場の大きな流れ、トレンドです。
一般的な投資では、この大きな流れに乗るということを最も重視します。
しかし、FXの短期投資をする場合は、この数年の長期トレンドはまったく関係ありません。
FXの短期投資は数分、長くても数時間で決済するので数年の長期的な大きな流れがどっちに向いているかなど、問題にならないのです。
数ヶ月、年単位の長期トレンドは完全に無視したほうがいいでしょう。

2. テクニカル分析を極める

テクニカル分析とは、簡単に説明すると今までのチャートの流れを見て、数分後、あるいは数時間後の通貨レートを予測する分析法のことです。
ボリンジャーバンドやRSI、エンベロープなど色々な手法がありますが、経済的な通貨の状況ではなくチャートの形や状況を見て相場予測をします。
短期売買では、通貨を取り巻く状況を分析して売買する経済的なファンダメンタルズ分析がほぼ役に立たないので、テクニカル分析一本で、相場予測をする必要があります。
これが上達すれば上達するほど、短期投資の勝率を上げることができるのです。

3. レバレッジを上げて、大胆に投資する

FXでレバレッジを上げて大胆に投資する手法は、ロスカットされる確率、損失が大きい致命傷をくらう確率を上げてしまうので禁じ手のようなものです。
ですので、普通はレバレッジを下げて余裕のある取引が推奨されるのですが、デイトレードのような短期投資の場合は話が別です。
数時間で通貨相場が大きく動く事はそうないので、レバレッジ2倍や5倍でちまちまやっていては利益も大きく伸ばせません。

ここぞというタイミングの時は、レバレッジを最低でも10倍以上、海外FX業者を使う場合は、最大レバレッジ888倍の業者などで実効レバレッジを300倍程で、ドカっと投資することが短期投資の秘訣です。
もちろんレバレッジを上げて大きく投資して大損しては話にならないので、損切りする大切さも重要になってきますが、短期投資には大胆不敵さが何よりも必要なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする