損失を減らす為に出来る様々な想定とは?

IMARIC20160805210023_TP_V
FXで投資を行うにあたって大損が発生してしまったことはありませんか?実はそれらの多くは想定不足が原因で起こっていることが多く、逆に言えば色々な状況を想定しておけばそれらの損失を回避できる事例が目立ちます。今回はパターン別にその想定をしていきたいと思います。

予想外の動きをするとき

例えばある時に、外貨のレートが100円になっていたとします。それで今後はゆるやか上昇して、101円や102円まで上がると考えました。この場合は、当然ながらレートが上昇する事を前提に建玉を保有していくでしょう。
ところが予想通りに行くことばかりではありません。実際には上がるどころか、下がってしまう(急落する)ケースも多々あるのです。

現に数年前のリーマンショックの時などは、まさにそのパターンでした。あの時は多くの人々が上昇すると思い込んでいましたが、実際には株価の暴落に始まり様々な指数の価格が下落しました。103円に上昇するどころか、90円や80円まで大きく下がってしまっていました。もちろん、損切りが出来なければそれは大損失になってしまう訳です。

なぜ上記のような大損失になってしまうかと言われれば、「下落」を考えていなかったからです。上昇すると思い込み1つで大きな損失になってしまう可能性があります。逆に言えば何らかの突発的な原因で下落をする事を想定することができれば大損失を回避できた可能性があります。ですので建玉を保有する前段階において、上昇だけでなく下落することを考えしっかり損切りを入れておく必要があるのです。

トレンドが発生しない状況も考える

ポジションを持つと上がるか下がるかの2択を考えがちです。しかし実際には、もう1つのパターンがあります。レンジ相場に突入した時です。FXの相場では約7割前後は保ち合いと言われているのでそれを想定しておく事も非常に重要なのです。
このように「考えられる事態を全て想定しておく」のが大切です。色々な事態を想定して、それに合わせた対応策なども色々と考えておくと、損失を抑え安定した成績を残せるようになります。

シミュレーションを使ってみる

なおFXの業者によっては、今後の想定損失などを計算する為のシミュレーションなどもあります。それにレートなどを入力してみると、今後の利益率など様々なことを計算してくれます。建玉を保有する前に、そのツールで計算をし、心の準備をしておくだけでもかなり損失率が低くなる傾向があります。

トレードをしていると勝った時のことを想像しがちですが、大切なのは負けた時にどうするかです。「こんなはずじゃなかった」ということにならないように様々なことを想定できるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする