トレンドラインで勝率を高めるには

トレンド

指示線抵抗線を見極める

FXには無数の取引手法はありますが、今、勝ち続けているトレーダーは意外とシンプルな手法で取引していることをご存知ですか。

移動平均線やボリンジャーバンド、トレンドラインや支持線、抵抗線、意外とこれだけ極めるだけでも勝率を高めることが出来ます。まず、初心者にも簡単なのがトレンドラインブレイクです。指示線抵抗線のどちらかを抜けた方にポジションを持てばいい手法です。

でも、すべての指示線抵抗線ブレイクでポジションを持っていいわけではありません。きちんと見極めないと天井で買いポジションを持ったり、底で売りポジションを持ってしまったり、慣れないうちは失敗も多いかと思いますが、FXデモ口座で練習して指示抵抗線を見極めることが重要です。

トレンドラインブレイクと移動平均線で見る

ボックス相場がどちらかにブレイクする時にポジションを持ちますよね。ただ、この時の移動平均線をよく見てみるとまだ平行だったり、こういう時にポジションを持つとダマシにあう可能性が高いです。

もちろん、ブレイクしてそのまま上昇したり、下落することもあります。でも、もっと勝率の高いブレイクアウトを見極めた方が断然勝率も上がります。

取引例としては、最初のブレイクは見送ってブレイクして一時的にもみ合い、再びブレイクした時にここでエントリー。その時の移動平均線を見てみると緩やかな上向きだったり、下向きだったり、方向感が出てきたのでその方向に動く可能性が大きいです。

「トレンドラインブレイクに変えてからかなり勝率が上がった」というトレーダーも多々いるのも事実です。

ピポットポイントで判断する

ピポットは前の日の値動きから今日の値動きを予想するとても役立つツールです。

日中チャートを見れないサラリーマンが、出勤前にピポットポイントに指値や逆指値注文を入れて取引することもできますし、高い確率で値動きを予想するツールです。

例えば、ピポットのS1に買い注文を入れ、S2で逆指値注文。R1で利益確定注文などの予約も入れておくことができます。

ピポットポイントは、S1やS2よりS3というように数字が大きい方が抵抗線が強い傾向にあります。その為、S3やR3で逆張りという手法も取れるでしょう。

また、ピポットポイントと移動平均線の両方を活用することもできます。ピポットで逆張りし、移動平均線に接触したら利益確定注文することもできます。その他、移動平均線がゴールデンクロスし上昇するような勢いの時には、R1を抜けたところで買い注文を出すやり方もあるでしょう。

ピポットポイントは、初心者にもオススメのテクニカル分析です。