FXで最適な売買手法を見つける為に多くの取引回数の試行錯誤をする

サイコロ
FX取引経験が長くても、トータルの利益がプラスになるとは限りません。
その逆に、FX取引経験が短くても、かなり利益率が高めの方々も見られます。なぜ差が生じるかというと、試行錯誤の問題です。

熟練トレーダーでも利益率が低いケースも

確かにFXのトレーダーの中には、かなり投資経験年数が長い方も見られます。中には10年以上も投資経験のある方も見られるのですが、あまり利益率が高い事も珍しくないです。年数は長めでも、思った以上に実力がアップしていない方々も見られます。
逆に経験があまり長くない方でも、かなりの成績を誇っているケースもあります。

 FXでの試行錯誤とは

ところで成績が優秀な方々の場合、たいていは取引回数を重ねると共に試行錯誤を行っています。自分なりに様々なやり方を試してみて、手法を確立している方々が目立ちます。
例えば、ある時まで、やり方Aで試していたとします。それによる売買成績は、年間でマイナス30%だったとします。それに対してやり方Bで試した場合は、年間利益率が50%だったとしましょう。
このAとBを比較すれば、明らかにBの方が良いやり方と判断できます。それを淡々と繰り返した方々は、総じて利益率が高めです。

できるだけ多くの回数で試行する

ただし試行錯誤をするといっても、あまり回数が少ないのでは意味がありません。AとBのテスト回数がそれぞれ5回程度だとすると、あまり参考にならないケースが多いです。運の要素が否めないからです。
しかし、テスト回数が30回程度だとすれば、やはり上記はBの方が優秀だと考えられます。なるべく多くの回数で試すのが望ましい訳です。

売買履歴を確認する

どうやって上記のような利益率が分かるかというと、売買記録です。

FXの会社のサーバーに対しては、今までの取引のデータなどが全て記録されます。それを後になってよくよく振り返ってみると、上記のような利益率が確認できる訳です。
ちなみにFXの会社は、土曜日や日曜日はマーケットが動きません。その曜日だけは、売買履歴の確認に費やしているFXのトレーダーも多く見られます。

時間をかけて様々なやり方を試す

そして試行回数が多くなるので、自分に最適なやり方は短期間で発見するのは難しいでしょう。やはりある程度の時間投入が必要になります。
しかし、それを怠らなければ、たいていは腕前が上達していきます。それをコツコツ繰り返したか否かによって、冒頭で申し上げたような差が生じる訳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする