FXで健全に投資する為には、生活費をFXに当ててはいけません

wallet

FXは余剰資金で楽しみましょう

給料を毎月FXにつぎ込んで、生活費を削る生活スタイルは誰でもその行く末をイメージできることでしょう。仮名Aさんの体験談からも分かるように生活費を残してから余剰金でFXを健全に楽しむことをオススメします。

仮名AさんのFX失敗談

私は、毎月の給料のほとんどをFXにつぎ込んでいました。

冷静な今から考えると、まさにFXギャンブル狂みたいな生活をしていたと思います。

しかし、やはりそんなことをしていると生活はもちろん、精神的にも病んできます。もちろんFXで勝っている時はまだいいのですが、負けが続くと、「ああ、また今月も貧乏暮らしだ。こんなに仕事を頑張っているのに」なんていう気持ちになってしまいます。

そのため、FXトレードも荒くなってしまい、負けやすくなるかと思います。

それどころか、経済指標や要人発言で短時間で急激な為替変動があり、今までFXで稼いだお金とFX口座に入れてある証拠金を0にしてしまったこともあります。

私は口座マイナスカバーの追証なしの海外FX業者を使っていたので、口座が0で済みましたが、もし日本国内の口座を使ってたら…と思うとゾッとしてその日の夜は眠れませんでした。

こんな私のようにならないためにも、是非とも生活費や大切なお金と分別して、精神的余裕もある中でFX投資を楽しむことをオススメします。

 

海外FX業者を使うメリットとデメリットとは

日本のFX業者は、金融庁の規制により2011年にレバレッジ25倍にまで下げられましたね。

法人口座ならもう少しレバレッジを上げられますが、なかなか個人には難しいでしょう。そこで、レバレッジ制限の無い海外FX業者が話題となっています。

 

海外FX業者を使うメリット

やはりレバレッジを25倍以上、業者によっては500倍以上で取引出来るというメリットがありますよね。

他にも、マイナスカバーの追証なしというのが一番のメリットではないでしょうか。上記のAさんFX体験談のように急激な為替変動でロスカットが間に合わず、口座がマイナスになるような時でも、海外FXなら安心して利用できます。

FXに限らず株の信用取引による追証は、借金となり必ず証券会社に返さなければならない負債になります。返せない場合は、取り立てもありますし、ブラックリストに入ってしまい今後口座は作れなくなってしまいます。

また、海外FX業者の場合は、キャンペーンやボーナスなども充実しています。

 

海外FX業者を使うデメリット

しかしながら、デメリットもあります。税制面では、日本のFX業者で収益を上げた場合、分離課税で20%なのに対し、海外FXで収益をあげた場合の税金は、累進課税で最大50%取られてしまいます。

その他にも、入出金システムが日本より整備されていないので、日本と比べると遅く感じたり、最大レバレッジが日本のFX業者より高い分、スプレッドも比例して広かったり、サーバーが海外にあるのでタイムラグも時々生じます。

 


 

海外FX業者を使う際は、デメリットもありますが、人によってはデメリット以上にメリットもあるのも事実です。

自身のFXトレードスタイルに合わせて、国内FXや海外FX両方口座を持ち使いこなすことも出来るでしょう。

ただし、やはり資金は生活費を分けて余剰金でFX投資を心がけることが大切です。


FXで効率よく勝つために実践すべき3つのこと

forex
FXで効率よく勝ち続けるためには、いくつか知っておかなければならないことがあります。
その中で特に重要だと考えられる3つのことを、これからご紹介していきましょう。

複数の取引手法を用いる

FXにおける取引手法は、千差万別、十人十色です。
ファンダメンタルズを中心とした取引手法もありますし、高度なテクニカル分析に基づいた取引手法もあります。
重要なのは、取引手法を一つに絞ってしまわないことです。
取引手法にはエッジ(優位性)の存在が不可欠ですが、逆にいえば、エッジさえあれば一つに絞ってしまう必要はありません。
むしろ複数の取引手法を用いた方が、リスクを小さく抑えるという意味では効果的なのです。
たとえ気づかないうちに一つの取引手法のエッジが失われていたとしても、その他の取引手法が機能してさえいれば、最低限の利益を確保することが可能になります。

 

複数の通貨ペアを取引する

日本人に最も馴染みが深い通貨ペアといえば、やはりドル円ではないでしょうか。
ドル円相場は参加者も多く、特にFX初心者のうちはおすすめの通貨ペアになります。
しかし、いつまでもドル円の取引だけに集中するのは、あまり効率的であるとはいえません。
通貨ペアの組み合わせを制限してしまうということは、それだけ利益を上げるチャンスも制限してしまうことにつながります。
ですから、ある程度取引に慣れてきた頃合いを見計らって、複数の通貨ペアで取引を始めることをおすすめします。
最低限、三大通貨であるドルとユーロ、そして円の動きには注意を払うようにしましょう。

 

利確は分割して行う

FXで効率よく収益を上げる上で、利確のポイントは大きなウェイトを占めるものです。
利は大きく伸ばし、損は素早く切るというのが当然のセオリーですが、実はそれだけではまだ物足りません。
みなさんにぜひおすすめしたいのは、利確を分割して行うということです。
たとえばロングポジションを抱えていたとして、利確ポイントを直近のレジスタンスラインに設定しているとします。
もちろんそこで全てを利確することが間違いだというわけではないのですが、ポジションの全てを利確してしまうと、その後レジスタンスラインを抜けて大きく上昇した分を取り損ねてしまう結果になります。
そこで、利確は半分だけに留めて、残りはもう少し様子を見てからにするという手法が有効になるのです。
いかがでしたでしょうか。
FXで勝つ確率や効率を高めていくためには、さまざまな工夫が必要になります。
ここで記した内容をまだ実践されていないという方は、ぜひ試してみてください。