ビットコインって何?ビットコインとFXとの違い

PAK12_10naname_TP_V
ビットコインは、決済として使用する為だけではなく、売り買いで差益も得ることができることから、FXと比較されることもあります。ビットコインの話題が出始めてから数年が経ちました。
今回はビットコインとは何か、FXと何が違うのかというところを解説していきたいと思います。

ビットコインとは?

非常にざっくりと説明すると「特定の管理者のいない電子マネー」になります。

通常の電子マネーであれば発行企業がいて、その価値は企業が担保していますよね。通貨は国が発行し、その価値は国の信用に基づいています。
しかし、ビットコインは発行している企業もいなければ管理している団体もありません。その価値を裏付けるものは人々のビットコインへの「信頼」になるのです。

ビットコインは暗号化技術によって信頼性の高い取引が可能となっており、全世界で使用されています。日本ではまだあまり馴染みがありませんが、今後大きく普及する可能性があります。

ビットコインとFXの違い

国が発行する通貨に対して技術が担保になっているビットコインですが、FXのように売買を繰り返すトレードも可能です。
では、どこが違うのか、いくつか違う点を挙げていきます。

ボラリティ

ドル円やユーロドルなどのFX通貨と比べると、数倍から数十倍の値動きをすることがあります。通貨として見ると危ういものを感じますが、投機の対象として見ると非常に魅力的なものになります。

トレード機会

平日しかトレードが出来ないFXと違い、ビットコインは土日もトレードが可能です。しかも土日のほうが取引量が多く、活発になります。トレード機会で言えばビットコインのほうが上ですね。

レバレッジ

国内FXが最大25倍という中でビットコインは最大20倍程度となっています。海外FXでは、500倍以上で取引も可能です。資金効率といった点ではFXの利便性が上になります。

 

流動性リスク

国内FXの月間流通量は500兆円以上ですが、ビットコインは、世界中の取引高でも2500億円程度となっており、流動性のリスクが非常に大きいです。

買いたい時に買えない、売りたい時に売れないというリスクはなんとしても避けたいものです。しかし、今後の普及次第では流通量が増え、流動性のリスクが低減される可能性が大いに考えられます。

まとめ

ビットコインとFXの違いについてわかっていただけたでしょうか?

金のような、有事の際の避難先としてビットコインが選ばれるかもしれません。
ビットコインのマーケットの信頼性が高まってくれば爆発的に普及、流通量の増加が起こる可能性が十分考えられます。10年後にはFX取引のように当たり前に行われる未来が来るかもしれませんね。


FX初心者だった私が大損してしまったときの心の動きを詳しく分析

sep_271415071204_tp_v
私がまだFX初心者だったある日、軽い気持ちでドル円のロングポジションを持ちました。

軽い気持ちというのがすでに間違っているのですが、このときの私は近い将来に訪れることになる大損など、一切予想できていなかったのです。

そんな大損に至るまでの私の心理状態の変化を、これから詳しく分析していきましょう。

まだまだ心に余裕があった序盤

今考えると自分でも信じられないのですが、私がこのときドル円をロングした理由は、ただの値ごろ感だけでした。

私がポジションを抱えてすぐに、相場は私のポジションに対して逆行を始めます。しかしこのときは、「これくらいの逆行はよくあることだ」と、まだ心にも十分な余裕がある状態でした。

確かに、小さな含み損を抱えるたびにビクビクしているようでは、FXを続けていくことはできません。ただしそれは、はっきりとした根拠を元にしてポジションを取った場合にしか持ってはいけない気持ちだったのです。

そんな重大なことに、このときの私は全く気づいていませんでした。

心の中が希望的観測だらけだった中盤

ドル円相場は、私の想像を越えて動きだしつつありました。もはや、「これくらいの逆行」とはいえない水準にまで、円高は進行してしまっています。そして私は、この取引の中での最大の過ちを犯すことになります。その過ちとは、損切りのオーダーを取り消してしまうという、最も避けなければならないはずのものでした。

この時点での私の心は、「ここで損切りしないでおけば、もうすぐ反転するだろう」という何の根拠もない希望的観測だけで覆われていました。そして「反転するだろう」という思いが「反転してくれ」に変わったとき、大損への扉は確実に開いてしまったのです。

恐怖だけが心を支配した終盤

チャート上には、信じられない光景が映し出されていました。

ドル円相場は、この数年間破られていなかったサポートラインをあっさりと突破し、まさに奈落の底へと突き進んでいたのです。このとき私の心にあったものは、まさに「恐怖」だけでした。すでに資金の半分は失われ、今すぐにでも決済をしないと、本当に全てを失ってしまいます。しかし、心を恐怖に支配された私が冷静な判断を下せるはずもなく、何もできないまま時間だけが流れていきました。こうして私は、結局資金の9割を失ったのです。

FXを実践していく上で最も重要なのは、自分の心をしっかりとコントロールするということです。「ただ何となく」という気持ちの緩みが、取り返しのつかない損失を生んでしまうこともあります。

みなさんには、ぜひ私のこの経験を反面教師としていただいて、自身の心のコントロールに努めてほしいと思います。

 


GMOクリック証券の魅力

iphone7katate_tp_v

世界でも最大規模の取引量を誇るFX会社であるGMOクリック証券

FX取引において世界で取引量ナンバー1と言われている企業は実は日本にあります。それが今回紹介する「GMOクリック証券」になります。

GMOクリック証券に関してはそのスケールメリットを生かしてほとんどの通貨においてスプレッドの金額を最小限に抑えることに成功しています。したがって、GMOクリック証券をFX取引会社として選択しておけば、取引の度に発生するFX会社への手数料であるスプレッドを節約することができます。

このようなスプレッドの違いについては小さな問題のように思われるかもしれませんが、1日に何度も取引するデイトレーダーなどであれば、このスプレッドの違いはその利益に非常に大きな影響を与える要素になってきます。したがって、できる限りスプレッドが小さいFX会社を選ぶのが正解になります。そういった面でもGMOクリック証券については非常に優れたFX会社になります。

GMOクリック証券を選ぶ最大のメリットはその取引ツールにあり

しかし、実はGMOクリック証券が熟練したトレーダーに選ばれる理由に関しては上記のスプレッドの利点よりもさらにすぐれた利点があることが挙げられます。

その利点というのがGMOクリック証券が契約者に提供しているFX取引用のツールがほかのFX会社が提供するツールと比較してもそれこそ業界屈指という評価を受けるほどの優れたツールであるということが挙げられます。実際、オリコンという外部機関が各FX会社のツールを比較した特集によってもその使いやすさにおいては群を抜いていると評価されたものになります。ツールの使いやすさにおいてオリコンでは2年連続で第1位という高評価を受けています。

このツールの出来というのはFX取引においてはその運用成績を左右するといっても過言ではないほどの重要性を持つことになります。そのツールが提供する情報がリアルタイムの情報と比較してタイムラグがあったり、提供するツールが見にくいといったような欠点があればそれはそのまま売買取引のタイミング判断の誤りにつながり、引いては損失に直結します。GMOクリック証券のツールの優れた性能はそういった損失のリスクを最小限にできるものとして評価されています。