「 テクニカル分析 」一覧

他のテクニカルとは一味ちがう? 一目均衡表を使ってみよう

gori0I9A3217_TP_V

FXのツールを使っていると、必ず一目均衡表って入っていますよね。
一度は表示したことがある人が大半だと思います。移動平均線やRSI、MACDなどの見た目がシンプルなテクニカルとは違い、線がたくさんで難しそう・・・と思っていませんか?

使い方はいたってシンプルですよ。今回は万能なテクニカル指標「一目均衡表」について説明をしたいと思います。

まずは使い方の基本 線の名前と使い方

JP225CashH1
一目均衡表は下記の5つの線から成り立っています。

・転換線(赤)
・基準線(緑)
・先行スパン1(点線)
・先行スパン2(点線)
・遅行スパン(紫)

また、先行スパン1と先行スパン2で囲まれた部分を「雲」と言い支持/抵抗の帯と見ます。
雲が薄い場合には弱く、雲が厚い場合には強力な支持/抵抗があるということになります。

遅行スパンに関しては、現在の価格を過去にそのままずらす形となりますので、26本前のローソク足に現在の価格が描かれます。

では、この5つの線をどう使うのでしょうか。3つの使い方を覚えましょう。

転換線が基準線を下から突き抜け⇒買いシグナル
ローソク足が雲を下から突き抜け⇒買いシグナル
遅行スパンがローソク足を下から突き抜け⇒買いシグナル

もちろん売りシグナルはこれの逆になります。

一目均衡表を実際にトレードに使ってみる

JP225CashDaily
①の部分について見てみましょう。

・転換線が基準線を下から上に抜けている
・ローソク足が雲を下から上に抜けている
・遅行スパンがローソク足を下から上に抜けている(黒矢印の部分)

以上のようにシグナルが3つ出ることは稀で、これを三役好転と言います。(売りの場合は三役逆転)
三役好転、逆転についてはめったに出ないシグナルとなるので見逃さないように注意する必要があります。

②の部分について見てみましょう。
①の三役好転後、上昇を続けていた価格ですが上値が重たくなり下落してきました。
トレンドが転換するのかどうか、というのが見る視点の1つになりますね。状況を整理してみましょう。

転換線が基準線を上から下に突き抜け⇒売りシグナル
ローソク足が雲の中で反発。ローソク足の形は反発の形⇒買いシグナル
遅行スパンがローソク足を上から下に突き抜け⇒売りシグナル

①の場合は非常にわかりやすい形となりました②の場合はきれいにシグナルが出ませんでした。シグナルだけを見ると1対2で売りシグナルが優勢と思いきや雲の下限で反発し、再度高値を更新しています。

雲の中の値動きについてですが、

・雲の中で激しくもみ合う
・雲を抜けるとトレンドが出やすい
・分厚い雲の場合は反発する可能性が高い

という特徴があります。

今回の動きはローソク足がわかりやすい形として表れてくれましたが、大体はヒゲが多くなり方向感のない展開になることが多いです。したがって雲の中にローソク足がある場合はきちんと足が確定し、方向感が出てからのトレードをお勧めします。

また、きれいな形のローソク足が出たとしても油断せず(だましになる場合が多いので)注視するのがいいでしょう。

一目均衡表 使い方まとめ

一目均衡表の使い方はいかがでしたでしょうか?

私は信頼性の高い指標として常にチャートに表示しています。

しかし、どのテクニカル指標にも言えることですが、これ1つで相場のすべてがわかるというわけではありません。

他のテクニカルと組み合わせたり、自分の勝ちパターンと比較してみたりetc…
しっかりとクセを使いこなして自分の分析ツールとして使いこなす必要があります。

バックテストの答え合わせにも有効なテクニカルツールですので、ぜひ使ってみてください!


チャート形状予測ツールが利用できるFX会社

bis151026473494_tp_v

初心者に便利なチャート形状予測ツール

テクニカル分析が行えるテクニカル指標には一目均衡表やボリンジャーバンドなど様々なトレンド系指標や、RSIやMACDなど様々なオシレーター系指標があります。FXではこれらのテクニカル指標を用いてテクニカル分析を行い、通貨ペアの未来の動きを予測しながら取引を行うのが一般的でした。

しかしテクニカル分析は初心者には敷居が高いものがあります。そんなテクニカル分析が苦手な場合に便利なのがチャート形状予測ツールです。このチャート形状予測ツールは過去から似たようなチャート形状を探しだし、未来のチャート形状を予測すると言うツールです。過去の膨大なデータから自動的に探してくれますので手間が掛からないです。

セントラル短資FXのみらいチャート

セントラル短資FXで提供されているチャート形状予測ツールのみらいチャートでは、売りと買いと中立と3つのシグナルが表示されます。このシグナルに従って取引するだけなのでテクニカル分析ができなくても大丈夫です。みらいチャートでは形状予測チャートと類似チャートも表示されて視覚的に分かり易いです。使い方はとても簡単、クイックチャートトレードプラスの画面上部にあるみらいチャートをクリックして起動させるだけです。

対応通貨ペアは米ドル円やユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円、スイスフラン円などメジャーどころを含めた12通貨ペアです。5分足、30分足、1時間足、日足、週足と5種類の時間足に対応しています。デイトレードなら5分足、スイングトレードなら日足と使い分けできて便利です。

FXトレードフィナンシャルの未来チャート

FXトレードフィナンシャルでも未来チャートが提供されています。一番似ているものから順番に第一近似、第二近似、第三近似と3種類表示されますので、可能性が高いと思ったものを参考にします。

ランキングでは買いと売りの売買シグナルを点数にして合計の高い順からランキング形式で発表されています。ランキング順位が高い方が信頼度が高いと判断することが可能です。FXトレードフィナンシャルのサイトでは未来チャートの体験版をご用意しています。口座開設する前にどんな感じなのか試せます。

チャート形状予測ツールは便利なサービスではありますが100%予測通りになるわけじゃないです。
予測が外れることもありますのであくまでも参考程度に留めておいた方が良いでしょう。


移動平均線と平均足を使った手法は勝率が高い

確率

FX取引で勝率の高い手法 ルールを作ること

FXで生き残るにはマイルールを作る必要があります。何となくポジションを持って勝ち続けるほどFXは甘い世界ではありませんし、マイルールをいかに守るか、これにつきます。

ただ、一言でマイルールを作るといってもすぐに作ることはできず、取引を繰り返して悪いところを反省しながら修正していく必要があります。

その為に、毎日のFX取引記録を取りながらテクニカル分析のパラメータを変更したり、気の遠くなるような検証をする必要があります。その結果、自信のある取引手法をいくつか出来上がり、少しずつ利益を積み重ねられるようになります。

1962年に東京穀物取引員教会の理事、監事を歴任した「林 輝太郎」氏(2012年2月逝去)は、毎日の穀物レートやチャートを自ら手書きで行いながら精度の高い分析をし、多額の利益を上げる投資家として名を轟かせました。

 

複数の移動平均線だけで勝つ方法

移動平均線は、1本で判断するよりも2本や3本など複数で判断した方が勝率が高くなります。短期に5日、中期に25日、長期に75日と200日線を使うことはトレーダーの中でも一般的です。

例えば、5日と25日の上にローソク足が動いているので買いポジションを持ったとしましょう。ただ、75日や200日線が価格よりも上にある場合はそれほど大きな上昇は期待できません。75日や200日線が抵抗となり上昇が止まる場合もあるので、移動平均線が抵抗線としてあるような場合は一度利益を確定するのも一手でしょう。
また、上から5日、25日、75日、200日と移動平均線が揃っていて緩やかな上向きになっている時は利益を大きく狙うことも可能です。こういうトレンドに乗っている時は、早いタイミングで利益確定をせず、伸ばせるところまで利益を伸ばすことが必要です。もちろん、反対に動くこともあるので、ストップを入れることもお忘れなく。

 

移動平均線と平均足を使った手法

順張りで取引する方がFXは精神的に楽で稼ぎやすいかもしれません。

順張りのトレンド系のテクニカル分析でFX初心者にも使いやすいのが特徴の「平均足」。

平均足は、トレンドを追求するテクニカル分析で、一度トレンドが変わると長い時間トレンドが続きます。平均足の色が変わるとトレンドが変わると予想できますし、平均足の色と同じ方向にポジションを持つと利益も出やすくなるでしょう。

しかし、平均足はトレンドがないボックス相場の時は有効ではないデメリットもあるテクニカル指標なので移動平均線やボリンジャーバンドなど他のテクニカル分析と組み合わせるのがオススメです。