「 体験談から学ぶFX稼ぎ方 」一覧

FX初心者だった私が大損してしまったときの心の動きを詳しく分析

sep_271415071204_tp_v
私がまだFX初心者だったある日、軽い気持ちでドル円のロングポジションを持ちました。

軽い気持ちというのがすでに間違っているのですが、このときの私は近い将来に訪れることになる大損など、一切予想できていなかったのです。

そんな大損に至るまでの私の心理状態の変化を、これから詳しく分析していきましょう。

まだまだ心に余裕があった序盤

今考えると自分でも信じられないのですが、私がこのときドル円をロングした理由は、ただの値ごろ感だけでした。

私がポジションを抱えてすぐに、相場は私のポジションに対して逆行を始めます。しかしこのときは、「これくらいの逆行はよくあることだ」と、まだ心にも十分な余裕がある状態でした。

確かに、小さな含み損を抱えるたびにビクビクしているようでは、FXを続けていくことはできません。ただしそれは、はっきりとした根拠を元にしてポジションを取った場合にしか持ってはいけない気持ちだったのです。

そんな重大なことに、このときの私は全く気づいていませんでした。

心の中が希望的観測だらけだった中盤

ドル円相場は、私の想像を越えて動きだしつつありました。もはや、「これくらいの逆行」とはいえない水準にまで、円高は進行してしまっています。そして私は、この取引の中での最大の過ちを犯すことになります。その過ちとは、損切りのオーダーを取り消してしまうという、最も避けなければならないはずのものでした。

この時点での私の心は、「ここで損切りしないでおけば、もうすぐ反転するだろう」という何の根拠もない希望的観測だけで覆われていました。そして「反転するだろう」という思いが「反転してくれ」に変わったとき、大損への扉は確実に開いてしまったのです。

恐怖だけが心を支配した終盤

チャート上には、信じられない光景が映し出されていました。

ドル円相場は、この数年間破られていなかったサポートラインをあっさりと突破し、まさに奈落の底へと突き進んでいたのです。このとき私の心にあったものは、まさに「恐怖」だけでした。すでに資金の半分は失われ、今すぐにでも決済をしないと、本当に全てを失ってしまいます。しかし、心を恐怖に支配された私が冷静な判断を下せるはずもなく、何もできないまま時間だけが流れていきました。こうして私は、結局資金の9割を失ったのです。

FXを実践していく上で最も重要なのは、自分の心をしっかりとコントロールするということです。「ただ何となく」という気持ちの緩みが、取り返しのつかない損失を生んでしまうこともあります。

みなさんには、ぜひ私のこの経験を反面教師としていただいて、自身の心のコントロールに努めてほしいと思います。


海外FXのXMなら最大レバレッジ888倍で追証なし。
今ならXM新規口座開設だけで$30プレゼント


FXで損を大損にしないためのふたつのコツ

IMARIC20160805310323_TP_V
FXをやっているとどうしても損をする局面が出てきますよね。損切りをすること、それは投資である以上仕方のないことです。

問題は損切りをしないことではなく「損を大損にしないこと」この点にあります。
損を大損に拡大しないためのコツをふたつ、ご紹介したいと思います。

一度損切りルールを決めたら、何があろうが必ず損切りすること

これは読んで字の如くです。
一度○○円の損が出たら損切りする、価格が○○円になったら損切りする、一度損切りのルールを決めたら、何があろうがそれを実行するのです。
文字で書くと簡単じゃないかと思われるかもしれませんが、実際にやってみるとこれがまた難しいのです。

人間はどうしても損をしたくない心理が働くものです。ルール上損切りしないといけないという場合でも、「いや、これから相場は反転する」「いまが底値だ」という何の根拠もない楽観的な考えが頭の中をよぎり、ついその楽観的な考えを信じて損切りをやめてしまうものなのです。そして大抵の場合、その楽観的な考えがはずれて大損してしまいます。

ですので、一度損切りルールを決めたら、何が何でもそれを守らなければいけないのです。
そうすれば損をしても、大損をしなくてすみます。

コツコツドカンを避ける

コツコツドカンとは、コツコツと儲けて、ドカンと大損することをいいます。
例え勝率が70%、いや90%であっても、一度ドカンと大損しただけで致命傷を負って退場する事があります。これを避けるためには「勝っているから」「相場の波が読めているから」と言って急に投資金額を上げないことです。

人間というのは、負けているときは弱気になりますが、勝っている時には強気になります。「これだけ上手くいっているんだから一気に勝負しよう」と調子にのってしまうことがあります。
これは(上手くいくこともありますが)コツコツドカンのフラグなので決してやってはいけません。投資金額を上げるなら、少しずつ少しずつ慎重に上げていかなければいけません。そうしないと足元をすくわれてドカンと大損します。

せっかくコツコツと勝ちを重ねていても、たった1回のドカンで全てを失ってはお話にもなりません。FXでは勝っているときこそ慎重にならなければいけないのです。
それが、コツコツドカンを避ける唯一の手段なのですから。


FXで稼ぐ為の2つのポイント

dollar

 

株など各種の投資と同様FXにも稼ぐコツというものがあります。これからそのコツを2つご紹介します。

 

FXで稼ぐコツその1 トレンドに乗る

通貨の相場には大きな流れ、トレンドと言うものがあります。

このトレンド、普通はなかなかわかるものではないのですが、ある特定の時期になると、霧が晴れるようにトレンドが良く見えるようになります。
それは選挙の時期です。

 

日本では長い間円高トレンドが続いていましたが、民主党政権から自民党政権に政権交代した数ヶ月であっというまに円安トレンドに切り替わりました。
これは自民党の安倍政権が円安政策ことアベノミクスを公約にしていたからですが、このように選挙にどこかの勢力が勝つと、その勢力の公約が実現される(方向に向かう)ことになるのでそちらの方向にトレンドが向かうことになります。
2016年はアメリカ大統領選挙の年ですが、もしこの選挙でアベノミクスを叩いているドナルド・トランプ氏が大統領になると、日本に圧力をかけてくることが予想されるので、今までの円安トレンドが修正され、円高トレンドになる可能性が高いです。

 

とこのように、当該国の(ドル円相場なら日本とアメリカの)選挙の結果は、通貨相場のトレンドに大きな影響を与えます。
そして選挙の結果予測は、中央銀行の政策を予測するよりもはるかにたやすいです。
(新聞などがしょっちゅう世論調査をするので、選挙の結果が出る1~2ヶ月前には予測可能です)
その世論調査の結果を見ると、今後のトレンドが良くわかるので、それに上手く乗れば、大きく稼ぐことが出来るのです。

 

FXで稼ぐコツその2 きっちりと利益確保する

FXで大切な事は儲けることではなく、儲けを確保することにあります。
つまり含み益がいくら出たかは重要ではなく、決済した(確定した)利益がいくらあるかが重要なのです。
これは当たり前の話なのですが、意外な事にこれらのことが分かっていない投資家が大勢います。
大量の含み益が出たことに喜び、「このまま待てばさらに値上がりするだろう」と皮算用をもくろんでいるうちにポジションが急落して売るに売れなくなる、こんな例は枚挙に暇がありません。

 

これを避けるためには、初めから「このポジションは含み益が○○円出たら決済する」と決めて、その条件を満たしたらどんな状況であろうと即決済するのが一番です。
ある程度の含み益が出たらもたつかずに即決済することが、FXで儲けるために一番重要な事なのです。