「 体験談から学ぶFX稼ぎ方 」一覧

FXの損失率を減らす為に極力色々な状況を想定する

考える人
FXトレーダーの中では、しばしば大損が発生している人もいます。それを目を疑うような金額での損失が発生していますが、実はそれらの多くは想定不足なのです。

逆に言えば、色々な状況を想定しておけば、それらの損失を回避できる事例が目立ちます。

 

上がっていくだろうと想定する

例えばある時に、外貨のレートが101.5になっていたとします。それで今後は上昇して、102.5や103などの数値になると考えました。この場合は、当然ながら上昇する事を前提に建玉を保有していくでしょう。上昇すると考えているので、このパターンでは買い玉を保有する事を考える訳です。

 

上がると思ったのに下がった

ところが、FXはそれほど甘いものではありません。実際には上がるどころか、下がってしまうケースも多々あるのです。
現に数年前のリーマンショックの時などは、まさにそのパターンでした。あの時は多くの方々が上昇すると思い込んでいましたが、実際には大下落が生じてしまった訳です。103どころか、90や80など大きく下がってしまっていました。もちろん、それで大損失になってしまう訳です。

 

下がる事を想定していなかった

なぜ上記のような大損失になってしまうかと言われれば、当然「下落」を考えていなかったからです。上昇すると思い込み1つで、大きな損失になってしまう訳です。
逆に言えば、このタイミングで下落をする事を考えていると、大損失を回避できた可能性があります。ですので建玉を保有する前段階において、上昇だけでなく下落も想定する必要があります。

 

トレンドが発生しない状況も考える

となると、上がるか下がるかの2択になります。しかし実際には、もう1つのパターンがある訳です。トレンドに突入した時です。101.5からあまり動きが無い相場なども、十分に考えられます。FXの相場では約7割前後は保ち合いと言われているので、それを想定しておく事も重要なのです。
このように「考えられる事態を全て想定しておく」のが大切です。色々な事態を想定して、それに合わせた対応策なども色々と考えておくと、それほど大きな損失が発生しない傾向があります。

 

シミュレーションを使ってみる

なおFXの業者によっては、今後の想定損失などを計算する為のシミュレーションなどもあります。それにレートなどを入力してみると、今後の利益率などは色々と計算できる訳です。建玉を保有する前に、そのツールで色々操作してみるだけでも、かなり損失率が低くなる傾向があります。


FXの両建ては意見が分かれる手法。FX両建ては意味があるのか

chart

「両建て」って本当に意味があるの?

トレーダーの間ではどの取引手法が効果的かといったような観点で、さまざまなテクニカル指標や投資手法についての議論が日夜行われています。

そんな中、熟練したトレーダーの間でもその手法の効果に意見が割れているというものがあります。

それが今回紹介する「両建て」という手法になります。この両建てという手法は具体的に言うと、自分が取引をしている通貨が下落し始めた時にその通貨に対しての売り注文と買い注文を同時に出すというものになります。

例えば商売で言うなら、リンゴを100円で買う注文を出すのと同時にリンゴを100円で売る契約を結ぶといったことになります。このように説明すると両建てという行為は全く意味のない行為のように見受けられます。

また、実際にこの両建てという取引をコンピュータに行わせてみたところ、ただ証券会社に払う手数料が多くなっただけの結果に終わったという意見もあります。

しかし、このような両建てという手法を用いるトレーダーは消えることはありません。一体なぜなのでしょうか?

 

両建てする最大のメリットはその精神面での安心感?

この両建てという取引手法のほとんど唯一にして最大のメリットはトレーダーに精神面での安心感を与えることができるというものになります。

FX取引というのは為替相場が上昇または下落するトレンドというものが発生すると一気にその方向に向かって値動きが加速していくという傾向があります。

自分が持っている通貨が下落していく局面においてその通貨を持ち続けるというのは非常に勇気が入りますし、その下落の恐怖でパニックに陥り正常な判断ができなくなる場合があります。

このような精神的な不安定を回避するための方法として、損失が発生し始めた時点で両建てを行っておくという方法があります。損失が発生し始めた時点で両建てを行うことでどんなにその後通貨が下落したとしても、自分が両建てをした時点以上の金額の損失は発生しないということになります。

したがって、どんどん下落が続いている状態でも精神的な安定を保った状態で取引の行方を見守ることができます。

このような精神的なメリットというのはFX投資では実際の投資金額以上の効果があります。人間はロボットではないため、為替相場で動揺して大損をしないようにするためにはこのような精神的な安心を与える両建てという手法はあながち無駄な方法とは言い切れないものになります。


FXで健全に投資する為には、生活費をFXに当ててはいけません

wallet

FXは余剰資金で楽しみましょう

給料を毎月FXにつぎ込んで、生活費を削る生活スタイルは誰でもその行く末をイメージできることでしょう。仮名Aさんの体験談からも分かるように生活費を残してから余剰金でFXを健全に楽しむことをオススメします。

仮名AさんのFX失敗談

私は、毎月の給料のほとんどをFXにつぎ込んでいました。

冷静な今から考えると、まさにFXギャンブル狂みたいな生活をしていたと思います。

しかし、やはりそんなことをしていると生活はもちろん、精神的にも病んできます。もちろんFXで勝っている時はまだいいのですが、負けが続くと、「ああ、また今月も貧乏暮らしだ。こんなに仕事を頑張っているのに」なんていう気持ちになってしまいます。

そのため、FXトレードも荒くなってしまい、負けやすくなるかと思います。

それどころか、経済指標や要人発言で短時間で急激な為替変動があり、今までFXで稼いだお金とFX口座に入れてある証拠金を0にしてしまったこともあります。

私は口座マイナスカバーの追証なしの海外FX業者を使っていたので、口座が0で済みましたが、もし日本国内の口座を使ってたら…と思うとゾッとしてその日の夜は眠れませんでした。

こんな私のようにならないためにも、是非とも生活費や大切なお金と分別して、精神的余裕もある中でFX投資を楽しむことをオススメします。

 

海外FX業者を使うメリットとデメリットとは

日本のFX業者は、金融庁の規制により2011年にレバレッジ25倍にまで下げられましたね。

法人口座ならもう少しレバレッジを上げられますが、なかなか個人には難しいでしょう。そこで、レバレッジ制限の無い海外FX業者が話題となっています。

 

海外FX業者を使うメリット

やはりレバレッジを25倍以上、業者によっては500倍以上で取引出来るというメリットがありますよね。

他にも、マイナスカバーの追証なしというのが一番のメリットではないでしょうか。上記のAさんFX体験談のように急激な為替変動でロスカットが間に合わず、口座がマイナスになるような時でも、海外FXなら安心して利用できます。

FXに限らず株の信用取引による追証は、借金となり必ず証券会社に返さなければならない負債になります。返せない場合は、取り立てもありますし、ブラックリストに入ってしまい今後口座は作れなくなってしまいます。

また、海外FX業者の場合は、キャンペーンやボーナスなども充実しています。

 

海外FX業者を使うデメリット

しかしながら、デメリットもあります。税制面では、日本のFX業者で収益を上げた場合、分離課税で20%なのに対し、海外FXで収益をあげた場合の税金は、累進課税で最大50%取られてしまいます。

その他にも、入出金システムが日本より整備されていないので、日本と比べると遅く感じたり、最大レバレッジが日本のFX業者より高い分、スプレッドも比例して広かったり、サーバーが海外にあるのでタイムラグも時々生じます。

 


 

海外FX業者を使う際は、デメリットもありますが、人によってはデメリット以上にメリットもあるのも事実です。

自身のFXトレードスタイルに合わせて、国内FXや海外FX両方口座を持ち使いこなすことも出来るでしょう。

ただし、やはり資金は生活費を分けて余剰金でFX投資を心がけることが大切です。