「 海外FX 」一覧

MT4 EAのバックテストをするときに知っておきたい3つの注意点

チャート

FXで自分なりの取引手法を決めて、いざMT4のEA(システムトレード)で実践を開始する前に、必ずやっておかなければならないことがあります。

それが、EAのバックテストです。

では、バックテストを行う上で注意すべき点にはどのようなものがあるのでしょうか。

信頼性の高いデータを利用する

バックテストを実行するためには、まずヒストリカルデータが必要になります。

ヒストリカルデータは、有料のもの無料のものを含め、さまざまな業者から提供されていますが、最も重要になるのは、より信頼性の高いデータを利用するということです。

どれだけ過去のデータを集めたとしても、その内容が実際の値動きと違っていては意味がありません。

必ずしも有料のものでなければいけないということはありませんが、中には粗悪なデータを提供している業者もありますので、その点には最大限の注意を払うよう心がけてください。

また、データはなるべく長期に渡るものを取得するようにしましょう。

 

カーブフィッティングにならないように

バックテストを行う上で最大の障害になるのが、このカーブフィッティングの存在です。

カーブフィッティングとは、過去の相場に合わせて、ルールを過剰に最適化してしまうことをいいます。

たとえば右肩上がりの相場では、ただ買って売るだけで利益が出るわけですが、それを単純にルール化したところで、この先ずっと利益を上げ続けることはできません。

右肩上がりの相場というのは、現在から過去を見た場合の結果であって、現在進行形の相場では、まず右肩上がりなのかどうかを把握する必要があるからです。

ですから、過去の右肩上がり相場のデータだけを用いて、そこで収益が最大化するようにルールを設定してしまうと、それは明らかなカーブフィッティングとなるのです。

取引のルールを決めるときは、カーブフィッティングにならないよう注意しながら、できるだけシンプルなものになるよう意識しておきましょう。

 

スプレッドやスリッページを必ず計算に入れる

バックテストでは良い結果が出ているのに、実践してみると思ったような利益が上げられない…と、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そのようなケースでありがちなミスとして、スプレッドやスリッページを計算に入れていないという点が挙げられます。

1回の取引でのスプレッドやスリッページは小さなものかもしれませんが、取引回数が多くなるにつれて、それがだんだんと収支に影響を及ぼし始めるのです。

ですから、バックテストを行う際は、それらをしっかりと計算に入れておく必要があります。

スリッページに関しては、正確な数値を把握するのはなかなか難しいですが、ある程度不利な約定を事前に想定しておくことで、より実践的なルールの構築が可能になるでしょう。

 

いかがだったでしょうか。

バックテストは、自身の取引手法が機能するのかを見極める上で、たいへん有効なものです。

しかし、誤った方法でテストを行ってしまっては、意味のないものになってしまいます。

今回ご紹介した注意点をしっかりと意識していただいて、より精度の高いバックテストを実行していきましょう。

 


海外のFX業者を利用する際のメリットとデメリット

forex
FXをやる際、普通は国内のFX業者で口座を開いて投資をしますが、実は海外のFX業者を使うことも出来ます。
その際のメリットとデメリットについてご説明します。

 

その1 海外のFX業者を使うメリット

 

数百倍も可能なハイレバレッジ

海外のFX業者を使うメリットは、なんといっても高いレバレッジです。
海外のFX業者はレバレッジ規制がないので、100倍、400倍といったとんでもないレバレッジで投資が出来ます。

とは言っても、日本国内のFX業者でも金融庁の規制がかかる2011年までは数百倍のハイレバレッジで取引可能でした。
もうここまでいくと投資と言うより投機、ギャンブルのたぐいですが、それでも当たりをひいた時に得られる利益は、物凄く魅力的です。
例えば、実効レバレッジ400倍、1ロット10,000通貨でやれば、ドル円相場が1円目当ての方向に動くだけで400万円相当の莫大な利益が得られます。
チマチマした投資がいやな人には、数百倍のレバレッジは物凄い魅力となるでしょう。

実際に、2011年以前の数百倍レバレッジが可能な時代に、主婦や学生でも数億円の利益を出し脱税で何人か逮捕された報道も覚えている方も多いのではないでしょうか。

それだけ、少ない資金で短期的に稼げることが可能になるのがハイレバレッジの魅力なのです。

 

マイナス証拠金カバー追証なし

そして、やはり海外FX業者で魅力なのは、マイナス証拠金カバーの追証なし制度。

海外FX業者でも中には追証が発生する業者もありますが、急な為替変動が起きてロスカットが間に合わず残高がマイナスになってしまっても、その損失をカバーしてくれる点です。

日本国内FX業者は、追証も発生するので、数年に一度はある大きな為替変動時に必ず大きなマイナス残高の大損をしてしまう人がいますね。

 

その2 海外のFX業者を使うデメリット

海外のFX業者を使うデメリットも勿論あります。

 

長期投資には不向き

まず、実効レバレッジを数百倍にした状態で長期投資が不可能な事です。
これだけのハイレバレッジだと、相場がほんの少し動いただけで大儲けするか即退場のどちらかになるのですから、ポジションを持ったまま寝ることさえできないでしょう。

また、海外FX業者はドル建てが基本なのでスワップポイントがほとんどの通貨でマイナスになります。ポジションを持つ日にちが多い程、マイナススワップを払い続けなければなりません。

 

満足するサポートやインフラが整備されていない

次に、海外FX業者は、日本人が満足するサポートやインフラが整っていません。
海外のFX業者だと、拠点は当然海外にありますし、連絡するための言語は基本英語です。最近は日本人スタッフや日本語サポートも充実してきている海外FX業者もありますが、拠点が海外にあるのでサポート時間に時差が生じます。

FX業者への入出金も日本国内のFX業者は、1クリックで即入出金反映でインフラが整備されスムーズに行えますが、海外FX業者は、入出金にも時間がかかります。

その為、日本国内のFX業者に慣れているトレーダーは、海外FX業者の対応の遅さに苛立ちを感じることもあるでしょう。しかし、海外ではこれが普通です。

 

その3 海外のFX業者を使うべきか

結論を言いますと、海外FX業者の選定を間違わない限り、海外FX業者の方が魅力的でしょう。

なぜなら、日本国内FX業者は、追証が発生することもありますし、大きな為替変動があった際に万が一口座が大きなマイナスになってしまった時に損失をカバーしてくれないからです。

そして、日本国内FX業者は、最大レバレッジ25倍とレバレッジが低すぎてトレーダーが稼ぎづらくなっている点です。

先もお伝えしましたが、2011年以前は、日本でもレバレッジ規制がなく短期間で数億円も手にするトレーダーも珍しくありませんでした。日本や同盟国アメリカは、日本からお金持ちを輩出させたくないのでしょうか。何か政治的な資本主義の闇も疑ってしまいます。

ともあれ、海外FXはハイレバレッジも魅力ですが、もちろんそれだけ短期間で損をしてしまうこともあるので、リスクを考えながらよく検討してみた方が良いでしょう。


海外FX会社のゼロカットシステムならハイレバレッジをかけやすい

0

ハイレバレッジはリスクが大きい

FXではレバレッジをかけると預入証拠金の何倍もの取引ができますよね。
10倍のレバレッジをかけて取引に成功すれば通常より利益が10倍です。しかし取引に失敗すると損失が通常より10倍になってしまう難点がありました。
もしハイレバレッジをかけて週末持越しし、土日に悪材料が出ると大変です。
ロスカット水準より損失が大きくなり、場合によっては預入証拠金以上の損失が出ることがあります。

 

ゼロカットシステム採用の海外FX会社に口座開設

レバレッジを上手に活用したいけどリスクはできるだけ抑えたいと言う場合は海外FX会社に口座開設すると言う方法があります。
海外には、ゼロカットシステムをご用意しているFX会社があります。このゼロカットシステムでは追証が発生しない仕組みになっています。
国内FX会社では預入証拠金以上の損失が出た場合は追証が発生し、入金することが必要でした。
しかしゼロカットシステムなら大きな損失が出ても預入証拠金ゼロでロスカットされます。
最大でも預入証拠金までが投資家側の損失で、それ以上の損失は海外FX会社側が背負ってくれます。
リーマンショックやスイスフランショックと言った大幅な為替相場の変動があった時でも、リスクを預入証拠金までに抑えたままレバレッジを上手に活用することが可能です。

 

2社での両建ては禁止

ゼロカットシステムを採用している海外FX2社に口座開設して、それぞれロングとショートで両建てし、ゼロカットシステムのメリットだけ享受しようとしても、そうは問屋が卸しません。2社間での両建てを禁止している海外FX会社が多くあります。
もしこのような行為が海外FX会社にバレてしまうと口座凍結される恐れがあるので注意が必要です。

 

XMなら最大888倍のレバレッジ

ゼロカットシステム採用の海外FX会社はいくつかありますが、その中の一つであるXMでは最大レバレッジが888倍です。
国内FX会社ではレバレッジ規制の関係で個人口座は25倍までですが、それと比べると大幅なハイレバレッジがかけられます。
もし取引に失敗しても証拠金がゼロになっても良い範囲まで預入しておき、思い切ったハイレバレッジをかけると言った手法が使えます。
その代わりに思惑が外れた場合、少しの為替変動ですぐに預入証拠金がゼロになりかねないので注意して下さい。
XMでは口座開設ボーナスや100%の入金ボーナスなどのお得なボーナスがご用意されています。
それを元手にハイレバレッジをかけると言う手法もありますよ。