「 FX初心者 」一覧

海外FXの税金について

YUUKI150321140I9A4377_TP_V
国内FXの税金が20%というのは広く周知されている事実です。では、海外FXで得た利益に関してはどうでしょうか。国内と同じ20%それとももっと?

今回は海外FXの税金についての知識と注意について説明をしたいと思います。

海外FXの税率

海外FXは総合課税(雑所得)となり、給与等の所得をすべて合算し計算をします。課税額に関しては以下の表の通りとなります。
国内FXは申告分離課税となり、会社員であれば給与とは別に純粋にFXの利益の20%に課税される形となります。
kazei

海外FXの脱税はバレる?

結論から言うと、バレる可能性は非常に高いです。

海外FXとは言え、利益を受け取るときは国内の会社を経由せざるを得ないからです。銀行送金であれば必ず記録は残ります。海外からいきなり数百万の入金があれば誰だって怪しみますよね。現地で手渡しなら・・・なんていう想像もしますがいずれにせよリスクに見合ったリターンは得られないでしょう。

NETELLER経由ATMもダメ?

現在国税局が日本人のネッテラーの口座情報を把握しているかどうかはわかりませんが、銀行を経由しないのであれば今すぐにはわからない可能性があります。しかしわざわざ資金を迂回させているということは、今後バレた時に悪質と判断され非常に厳しい追徴課税が課される場合があります。

また、本来納めるべきであった税金に対して延滞税がかかるので更に支払う金額が大きくなります。期間にもよりますが本来納めるべき金額の1.5~2倍は覚悟したほうがいいかもしれません。

まとめ

海外FXの税金について、バレるのか?という話でした。電子的なやり取りを行う以上必ず証拠が残り、どこかの段階でバレる可能性は非常に高いです。また、脱税することとペナルティを比較した時に結局は普通に税金を納めていたほうが良かったということが非常に多いです。しっかり確定申告をして胸を張ってトレードをしていきましょう。


「ECN」と「STP」とは?

gori0I9A9910_TP_V
国内FX会社ではあまり聞きませんが、海外FXの会社を調べていると「ECN」や「STP」など略語が多く出てくることに気がつくと思います。

今回はそれぞれの環境の違いやそれが私たちにどんな影響があるのか、それを詳しく説明していきたいと思います。

ECN ( Electronic Communications Network )

電子取引所取引のことを指す言葉です。

FXで言えば「顧客の注文を取引所で別の顧客の注文と付き合わせて取引を成立させること」を指します。
いわゆるNDD(no dealing desk)と呼ばれるものでFX会社が注文に対して何かするわけではなく、あくまで取引所に注文を流すという役割に徹しているということになります。従って取引ごとに手数料が発生する場合が多いです。

しかし、カバー先の金融機関からもっとも有利なレートを直接顧客へ提示するため、低スプレッドが実現されることが多い方式になります。

STP( Straight Through Processing )

こちらは顧客から受けた注文をブローカー内で処理をし、その後市場に流すという方式になります。

カバー先の金融機関のレートレートにスプレッドを上乗せして顧客へ提示するため手数料は発生しませんが、ECNに比べるとスプレッドが広い傾向にあります。

ECNとSTPの方式の差

少額のトレードをするだけであれば正直この2つの方式に拘る必要はないと思います。しかし、「信頼性」という点においてこの2つを見ると少し差が出てきます。

ECNの場合はいわゆる「仲介」のみをするため、売買が成立するというのは市場にオーダーが流れているということになります。
株のように板情報を見ることが可能なので、トレーダーにとっては透明な環境で取引できると言えます。

STPは仲介をする前に「ブローカー内での処理」を挟むため、処理がしきれない注文はどうなるのかといった疑問が生じます。
もちろんブローカーがうまく処理をすることが可能であればECNのほうが約定力が高くトレードしやすい環境になります。

透明性で言えばECN
約定力で言えばSTP

自分のトレード環境に合わせた業者選びをしてみてください。


ビットコインって何?FXとの違い

PAK12_10naname_TP_V
ビットコインの話題が出始めてから数年が経ちました。大手取引所の破綻で問題が起きたこともありますよね。
今回はビットコインとは何か、FXと何が違うのかというところを解説していきたいと思います。

ビットコインとは?

非常にざっくりと説明すると「特定の管理者のいない電子マネー」になります。

通常の電子マネーであれば発行企業がいてその価値は企業が担保していますよね。通貨は国が発行し、その価値は国の信用に基づいています。
しかしビットコインは発行している企業もいなければ管理している団体もありません。その価値を裏付けるものは人々のビットコインへの「信頼」になるのです。

ビットコインは暗号化技術によって信頼性の高い取引が可能となっており、全世界で使用されています。日本ではまだあまり馴染みがありませんが、今後大きく普及する可能性があります。

ビットコインとFXの違い

国が発行する通貨に対して技術が担保になっているビットコインですが、トレードをすることはFXと同様可能です。
ではどこが違うのか、いくつか違う点を挙げていきます。

ボラリティ

ドル円やユーロドルなどのFX通貨と比べると数倍から数十倍の値動きをすることがあります。通貨として見ると危ういものを感じますが、投機の対象として見ると非常に魅力的なものになります。

トレード機会

平日しかトレードが出来ないFXと違ってビットコインは土日もトレードが可能です。しかも土日のほうが取引量が多く、活発になります。トレード機会で言えばビットコインのほうが上ですね。

レバレッジ

国内FXが最大25倍という中でビットコインは最大20倍程度となっています。資金効率といった点ではFXの利便性が上になります。

流動性リスク

国内FXの月間流通量は500兆円以上ですが、ビットコインは世界中の取引高でも2500億円程度となっており流動性のリスクが非常に大きいです。買いたい時に買えない、売りたい時に売れないというリスクはなんとしても避けたいものです。しかし、今後の普及次第では流通量が増え流動性のリスクが低減される可能性が大いに考えられます。

まとめ

ビットコインとFXの違いについてわかっていただけたでしょうか?

金のような、有事の際の避難先としてビットコインが選ばれるかもしれません。
ビットコインのマーケットの信頼性が高まってくれば爆発的に普及、流通量の増加が起こる可能性が十分考えられます。10年後にはFX取引のように当たり前に行われる未来が来るかもしれませんね。