「 FX初心者 」一覧

FX初心者が気をつける3つのポイント

akane072160353_tp_v
FXには気をつけるべきポイントがいくつもありますが、
その中でFX初心者が特に気をつけるべきところを3つご紹介します。

安易に逆張りをしない

FXをやっていると、チャートがどんどん円高に(あるいは円安に)なっていく一方的な相場を形成する事があります。

この時初心者は「もうそろそろ値段が反転しそうだ」と考えて、大きな流れとは逆のポジションをとってしまうことがあります。

確かにこれだけ下がったんだから次は上がるだろうと考えるのは自然な考えなのですが、一方的な相場が形成されている場合、底値とか関係なしでどんどん相場が下がっていく(上がっていく)ことが多いです。

なのでそのような相場になっている場合、変に逆張りをせずに何もしないか、順張りをした方がよいです。そういう場合の「そろそろ底値だろう」というのは、大抵の場合、ただの勘違いなのですから。

レバレッジを低めにする

レバレッジを高めにすると、少ない証拠金でたくさんの通貨を動かすことが出来ます。なのでFX初心者は、これを最高の25倍にして投資をする事が多いのですが、ちょっと待ってください。

レバレッジ25倍と言うのは、初心者どころか中級者にすら高すぎるレバレッジです。
昔はレバレッジを50倍とか100倍に出来たので、それと比べて25倍など大した事がないように思えますが、それは大きな間違いです。

今のドル円相場を基本にするとレバレッジを25倍にしてめいっぱいの規模で投資をすると
ドル円相場が(大まかな計算で)4円ほど予想と逆に動くとロスカットされます。

ちょっと相場が荒れると4円程度簡単に動くことを考えると、レバレッジ25倍がいかに危険であるかよくわかるでしょう。
初心者はレバレッジ2~5倍程度で十分です。
それで物足りなくなって初めて、レバレッジを10倍以上にすることを考えるべきでしょう。

ロング(買い)にこだわらない

皆さんご存知のようにFXは買いから入ることも売りから入ることもできます。

これが株だと基本的には(信用取引があるとはいえ)買いから入ることしか出来ませんが、FXはそんなこと関係ありません。
だからFXでは売りから入ってもいいのですが、FX初心者の場合つい買いから入ってしまいます。

買って売るという行為が売って買う行為より自然なのでそうなるのは当然なのですか、あまりにそれにこだわってしまうと、儲けるチャンスを捨てることになりかねません。
なのでFX初心者は買って売るというこだわりを捨てる必要があるのです。


M2Jのトラリピがおすすめな理由

iphonereview3_tp_v
数あるFXの会社の1つに、M2Jがあります。そこは多くのサラリーマンの方々から、非常に高い評価を受けています。なぜならトラリピというシステムは、普段の仕事が忙しい方にとって使いやすいと好評な状況なのです。

IFD注文の連続システム

トラリピの特徴は、とにかく自動的な注文が充実している点です。この業者の場合は、IFDという注文方法を連続的に行う事が可能です。他の会社でもIFDという注文方法があるのですが、トラリピの場合はそれを完全自動にする事が可能です。

決済された後は新規注文が必要

まずM2J以外の会社の場合はIFD注文で利食いなどが発生した時には、改めて新規注文をしなければなりません。例えば100.5で新規注文をし、利食いが100.75だとします。すなわち上昇による利益を狙ったものですが、この場合は100.75になった時には新規注文は無くなる訳です。もう一度同じ注文をしたい場合には、改めて新規注文をする必要があります。

普段忙しいと新規が難しい

ところがサラリーマンの方々は、普段の仕事は非常に忙しいです。上記のような新規注文をしたいと思っても、それが困難なケースが目立ちます
なぜなら、仕事に集中する必要があるからです。会社での作業に集中する必要がある以上、どうしても新規注文の時間も確保できません。それが他の会社でのIFDのデメリットです。

自動で新規発注をしてくれる

ところがトラリピの場合は、上記の100.75で約定された時でも、改めて新規注文が発注される事になります。しかもそれは完全自動になるのです。リピートIFDという発注方法があるのですが、それを設定しておけば、わざわざ手動で新規注文をする必要もありません。
前述のようにサラリーマンの方が、なかなか新規注文の時間も確保できません。しかしトラリピならば自動的に行ってくれるので、特に何も問題は無い訳です。たとえ仕事に集中している間でも、自動的な売買をしてくれるので、とても便利なシステムです。

レバレッジを抑える方々が多い

なおこの会社のトラリピで実際に売買をしている方は、たいていレバレッジを低く抑えています。最大25倍での売買は可能なのですが、リスク管理の為に1倍程度に抑える方々が目立ちます。それでも年間で100%の利益率になる方も多く見られるので、多くの方々から好評なのです。


マネーパートナーズとM2Jの自動システムを比較

9v9a3343_tp_v
数ある証券会社の中には、連続的なシステムを採用している所がいくつか見られます。いわゆる連続の指値を採用する会社が幾つかある訳ですが、マネーパートナーズとM2Jがその候補になり得ます。それぞれ特徴も異なるのですが、枚数を重視するなら前者が望ましいでしょう。しかし完全自動を求めるなら、後者が望ましいと考えられます。

どちらも自動的な指値が可能

まずマネーパートナーズもM2Jも、連続的な指値が可能な業者になります。本来は、建玉が決済された時などは、手作業で新規の指値を設定しなければなりません。それで大きな手間を感じる方々も、非常に多く見られる訳です。

ところが上記の2つの業者の場合は、自動的なシステムが採用されているので、少ない手間で売買ができる訳です。普段の仕事がお忙しい方にとっては、その2つの業者はとても便利です。

通貨の枚数が少ないマネーパートナーズ

ところでマネーパートナーズの場合は、nanoという口座があります。非常に少ない枚数で売買ができる口座で、100枚単位で取引をする事ができます。そこまで少ない枚数で取引できる業者は、非常に貴重です。

そしてnanoでは、前述の自動的な売買も可能なのです。ちなみにM2Jの場合は、1,000枚単位となります。ですので少ない枚数でローリスクな売買が求めるなら、マネーパートナーズの方が良いでしょう。

完全自動になるM2J

ところがマネーパートナーズには1つデメリットもあって、自動的な売買の回数に上限があります。最大20回までという縛りがあるのです。ですので20回に達した時には、もう一度設定し直す必要があります。しかしM2Jの場合は、わざわざ設定し直す必要がありません。トラリピというシステムによって、完全自動での売買が実現できているからです。

ですのでマネーパートナーズの場合は、たまにログインをする必要があります。それに対してトラリピの場合は、ほぼ完全放置でも問題ない事も多いです。あまり多くログインできないならば、トラリピの方がベターとも言えます。

手数料はマネーパートナーズの方が格安

ただコストを考えれば、マネーパートナーズの方が有利でしょう。というのもM2Jの場合は、取引手数料が発生するからです。しかしマネーパートナーズの場合は、それも無料になる訳ですから、比較的リーズナブルな取引ができます。ですのでコスト重視ならば、マネーパートナーズが有利と言えます。

どちらにするかはニーズ次第

マネーパートナーズとM2Jのどちらが良いかは、結局は本人の希望次第と言えるでしょう。コストもしくは枚数を重視するならば、前者の方が良いと考えられます。しかしフルオートでの売買を求めるなら、後者が望ましい訳です。