「 FX手法 」一覧

海外FXの税金について

YUUKI150321140I9A4377_TP_V
国内FXの税金が20%というのは広く周知されている事実です。では、海外FXで得た利益に関してはどうでしょうか。国内と同じ20%それとももっと?

今回は海外FXの税金についての知識と注意について説明をしたいと思います。

海外FXの税率

海外FXは総合課税(雑所得)となり、給与等の所得をすべて合算し計算をします。課税額に関しては以下の表の通りとなります。
国内FXは申告分離課税となり、会社員であれば給与とは別に純粋にFXの利益の20%に課税される形となります。
kazei

海外FXの脱税はバレる?

結論から言うと、バレる可能性は非常に高いです。

海外FXとは言え、利益を受け取るときは国内の会社を経由せざるを得ないからです。銀行送金であれば必ず記録は残ります。海外からいきなり数百万の入金があれば誰だって怪しみますよね。現地で手渡しなら・・・なんていう想像もしますがいずれにせよリスクに見合ったリターンは得られないでしょう。

NETELLER経由ATMもダメ?

現在国税局が日本人のネッテラーの口座情報を把握しているかどうかはわかりませんが、銀行を経由しないのであれば今すぐにはわからない可能性があります。しかしわざわざ資金を迂回させているということは、今後バレた時に悪質と判断され非常に厳しい追徴課税が課される場合があります。

また、本来納めるべきであった税金に対して延滞税がかかるので更に支払う金額が大きくなります。期間にもよりますが本来納めるべき金額の1.5~2倍は覚悟したほうがいいかもしれません。

まとめ

海外FXの税金について、バレるのか?という話でした。電子的なやり取りを行う以上必ず証拠が残り、どこかの段階でバレる可能性は非常に高いです。また、脱税することとペナルティを比較した時に結局は普通に税金を納めていたほうが良かったということが非常に多いです。しっかり確定申告をして胸を張ってトレードをしていきましょう。


初心者でも使いやすいマルチタイムフレーム分析

N811_oyatunojikanwosasutokei_TP_V

テクニカル指標とは?

テクニカル指標というのは為替相場の動きを見て売買のタイミングを決める際に参考にする指標のことをいいます。このようなテクニカル指標はたくさんの種類があり、すべてのテクニカル指標を見てトレードすることは現実的ではありません。

トレーダーは自分の取引のスタイルに合っていて、かつ自分が使いやすいテクニカル指標をいくつか組み合わせて使っているケースがほとんどです。テクニカル指標を1つだけしか見ていないと、相場の1面しか見ていないことと同義で非常に危険です。したがって複数のテクニカル指標を組み合わせ、売買のタイミングについて判断をするようにしましょう。

初心者でも使いやすいテクニカル指標の代表であるマルチタイムフレーム分析

テクニカル指標の中には複雑で理解するのが骨であるといったようなテクニカル指標も存在します。その中でも比較的理解しやすく、効果を発揮しやすい指標にマルチタイムフレーム分析というものがあります。このマルチタイムフレーム分析は長期・中期・短期のチャートという3つのチャートを見てその為替相場に上昇の傾向があるか、下降の傾向があるかといったことを判断するという方法になります。

チャートというのはある一定期間の為替相場の値動きを記録したものです。このマルチタイムフレーム分析において、ポイントは長期のチャートから見ていくことです。長期のチャートを見て上昇のトレンドが出ていること確認し、短期のチャートをチェックし、上昇トレンドを確認するという流れになります。長期でも短期でも確認できるということは、ここで初めてこの上昇トレンドは一時的なものではなく、しばらく続くと判断が出来るため通貨を買うことが出来ます。このように長期・中期・短期のチャートの組み合わせで相場の傾向をより正確に分析する手法がマルチタイムフレーム分析になります。

トレードスタイルにもよりますが、デイトレーダーであれば、長期は大体日足チャート、中期は1時間足チャート、短期は5分足チャートくらいのチャートを見ることになります。

以上は簡単な例になります。自分のスタイルに合った時間軸を見つけて、安定したトレードを行うことが出来るように試行錯誤してみて下さい。


FXは損切り命!上手に損切りするお勧めの方法

teikousen

FXは損切り命

FXで資産を築くためには損を拡大させないこと、つまり損切りすることがすごく大切です。
時々、損切りをしないでポジションをどんどん積み上げているピラミッティング手法をしているトレーダーもいますが、いつかは資産が底をついてしまいます。

もちろん、スワップ取引ならレバレッジを1倍や2倍に設定して日々スワップを貯めていけばいいわけですから、損切りする必要はないでしょう。
ただ、短期売買やデイトレードは損切りする必要があります。

逆指値注文はどこに入れるのがベスト?

FX初心者の人は、どこに逆指値注文を入れたらいいのか迷う人も多いでしょう。
逆指値を入れるポイントは、みんな人それぞれですが、基本的には抵抗線やレジスタンスラインを抜いた当たりに逆指値注文を入れるのがポイント。
時々”だまし”もあるのでギリギリのラインで逆指値を入れるのはオススメしません。

逆指値注文を抵抗線やレジスタンスラインを抜けたところに入れる理由

15分足や1時間足などを元にチャートの抵抗線やレジスタンスラインを引いてみます。
大きく2回、反発・反落しているポイントは、他の世界中のトレーダーも損切りやどてんラインとしていることが多いです。

他のトレーダーも損切りやどてんラインとしているということは、そこのラインを抜けたら走るという意味です。
損失を拡大させない為にも抵抗線やレジスタンスラインのポイントに逆指値注文を入れた方が良いでしょう。