「 FX手法 」一覧

FXで最適な売買手法を見つける為に多くの取引回数の試行錯誤をする

サイコロ
FX取引経験が長くても、トータルの利益がプラスになるとは限りません。
その逆に、FX取引経験が短くても、かなり利益率が高めの方々も見られます。なぜ差が生じるかというと、試行錯誤の問題です。

 

熟練トレーダーでも利益率が低いケースも

確かにFXのトレーダーの中には、かなり投資経験年数が長い方も見られます。中には10年以上も投資経験のある方も見られるのですが、あまり利益率が高い事も珍しくないです。年数は長めでも、思った以上に実力がアップしていない方々も見られます。
逆に経験があまり長くない方でも、かなりの成績を誇っているケースもあります。

 

 FXでの試行錯誤とは

ところで成績が優秀な方々の場合、たいていは取引回数を重ねると共に試行錯誤を行っています。自分なりに様々なやり方を試してみて、手法を確立している方々が目立ちます。
例えば、ある時まで、やり方Aで試していたとします。それによる売買成績は、年間でマイナス30%だったとします。それに対してやり方Bで試した場合は、年間利益率が50%だったとしましょう。
このAとBを比較すれば、明らかにBの方が良いやり方と判断できます。それを淡々と繰り返した方々は、総じて利益率が高めです。

 

できるだけ多くの回数で試行する

ただし試行錯誤をするといっても、あまり回数が少ないのでは意味がありません。AとBのテスト回数がそれぞれ5回程度だとすると、あまり参考にならないケースが多いです。運の要素が否めないからです。
しかし、テスト回数が30回程度だとすれば、やはり上記はBの方が優秀だと考えられます。なるべく多くの回数で試すのが望ましい訳です。

売買履歴を確認する

どうやって上記のような利益率が分かるかというと、売買記録です。

FXの会社のサーバーに対しては、今までの取引のデータなどが全て記録されます。それを後になってよくよく振り返ってみると、上記のような利益率が確認できる訳です。
ちなみにFXの会社は、土曜日や日曜日はマーケットが動きません。その曜日だけは、売買履歴の確認に費やしているFXのトレーダーも多く見られます。

時間をかけて様々なやり方を試す

そして試行回数が多くなるので、自分に最適なやり方は短期間で発見するのは難しいでしょう。やはりある程度の時間投入が必要になります。
しかし、それを怠らなければ、たいていは腕前が上達していきます。それをコツコツ繰り返したか否かによって、冒頭で申し上げたような差が生じる訳です。

 


移動平均線と平均足を使った手法は勝率が高い

確率

FX取引で勝率の高い手法 ルールを作ること

FXで生き残るにはマイルールを作る必要があります。何となくポジションを持って勝ち続けるほどFXは甘い世界ではありませんし、マイルールをいかに守るか、これにつきます。

ただ、一言でマイルールを作るといってもすぐに作ることはできず、取引を繰り返して悪いところを反省しながら修正していく必要があります。

その為に、毎日のFX取引記録を取りながらテクニカル分析のパラメータを変更したり、気の遠くなるような検証をする必要があります。その結果、自信のある取引手法をいくつか出来上がり、少しずつ利益を積み重ねられるようになります。

1962年に東京穀物取引員教会の理事、監事を歴任した「林 輝太郎」氏(2012年2月逝去)は、毎日の穀物レートやチャートを自ら手書きで行いながら精度の高い分析をし、多額の利益を上げる投資家として名を轟かせました。

 

複数の移動平均線だけで勝つ方法

移動平均線は、1本で判断するよりも2本や3本など複数で判断した方が勝率が高くなります。短期に5日、中期に25日、長期に75日と200日線を使うことはトレーダーの中でも一般的です。

例えば、5日と25日の上にローソク足が動いているので買いポジションを持ったとしましょう。ただ、75日や200日線が価格よりも上にある場合はそれほど大きな上昇は期待できません。75日や200日線が抵抗となり上昇が止まる場合もあるので、移動平均線が抵抗線としてあるような場合は一度利益を確定するのも一手でしょう。
また、上から5日、25日、75日、200日と移動平均線が揃っていて緩やかな上向きになっている時は利益を大きく狙うことも可能です。こういうトレンドに乗っている時は、早いタイミングで利益確定をせず、伸ばせるところまで利益を伸ばすことが必要です。もちろん、反対に動くこともあるので、ストップを入れることもお忘れなく。

 

移動平均線と平均足を使った手法

順張りで取引する方がFXは精神的に楽で稼ぎやすいかもしれません。

順張りのトレンド系のテクニカル分析でFX初心者にも使いやすいのが特徴の「平均足」。

平均足は、トレンドを追求するテクニカル分析で、一度トレンドが変わると長い時間トレンドが続きます。平均足の色が変わるとトレンドが変わると予想できますし、平均足の色と同じ方向にポジションを持つと利益も出やすくなるでしょう。

しかし、平均足はトレンドがないボックス相場の時は有効ではないデメリットもあるテクニカル指標なので移動平均線やボリンジャーバンドなど他のテクニカル分析と組み合わせるのがオススメです。


レバレッジを極力抑えて複数建玉で利益を狙う方法とは

利益
FXには、必ずリスクがあります。決してリスクがゼロの商品ではありません。
ところで、そのリスクをある程度限定できる方法もあります。レバレッジをできるだけ低く抑える方法です。
そもそもレバレッジの高さは、リスクと比例する傾向があります。その倍数が高くなってくれば、それだけロスカットになる確率も高まる訳です。
そのためリスクを軽減しようと思うから、できるだけレバレッジを低くするのが望ましい事になります。それを上手く利用して、利益獲得を目指す方法があるのです。

 

ロスカットしない3つの玉を保有する

例えば、次のような方法です。ドル円1ドル 100.00円と101.00円と102.00円のポイントで建玉を作ります。
ある時における外貨ドル円のレートが、101.50円だったとします。この後、上昇するか下落するかは、よく分からない状況です。そのような時、上記のような3つの建玉を保有してみる方法があります。いずれも全て買いの玉(積み増しナンピン状態)になるのです。ちなみにそれは、全て指値で注文をする事になります。
そしてここでのポイントは、その3つの玉は全て低レバレッジにすることです。
このようにしておくと、保有した3つの玉全てはロスカットしない事になりますので長期投資にも有効です。

 

リバウンドの上昇などで利益を得る

以上のようなやり方で、更にドル円レートが1ドル 100.00円近くまで下がったとします。

しかし外貨の金額というのは、永遠に下がる訳ではありません。どこかでストップするケースがほとんどです。
そこで一旦は100.00円に下落したものの、リバウンドの上昇が発生する事になります。それで101.00円から102.00円に上昇した時には、そこで利益確定を取る事になるのです。すなわち1円分の利益を得た形になります。

 

 高確率な利益とリスクの低さに関するメリット

上記のやり方のメリットは、かなりの高確率で利益が発生する点です。どこまでも下がる相場はあり得ないので、99.00円や98.00円などと下がり続けても、どこかで上昇が発生する事になります。その上昇による利益を狙う方法となります。
またロスカットは発生しないので、実質的なリスクはゼロになるのです。

 


 

銀行ではマイナス金利が導入され、今の時代は定期預金ではお金を増やすことはできません。ATM手数料や引き出し手数料で逆にお金を取られ銀行にお金を預けていても本当の意味で実質マイナスになってしまっている現状です。

今回ご紹介した手法は、低レバレッジ、事実上1倍のレバレッジとして外貨預金感覚でFX取引を行うことができる上、リスクを抑えながらお金を増やす確率が高まる点にメリットがある方法です。