「 FX業者 」一覧

海外FXの税金について

YUUKI150321140I9A4377_TP_V
国内FXの税金が20%というのは広く周知されている事実です。では、海外FXで得た利益に関してはどうでしょうか。国内と同じ20%それとももっと?

今回は海外FXの税金についての知識と注意について説明をしたいと思います。

海外FXの税率

海外FXは総合課税(雑所得)となり、給与等の所得をすべて合算し計算をします。課税額に関しては以下の表の通りとなります。
国内FXは申告分離課税となり、会社員であれば給与とは別に純粋にFXの利益の20%に課税される形となります。
kazei

海外FXの脱税はバレる?

結論から言うと、バレる可能性は非常に高いです。

海外FXとは言え、利益を受け取るときは国内の会社を経由せざるを得ないからです。銀行送金であれば必ず記録は残ります。海外からいきなり数百万の入金があれば誰だって怪しみますよね。現地で手渡しなら・・・なんていう想像もしますがいずれにせよリスクに見合ったリターンは得られないでしょう。

NETELLER経由ATMもダメ?

現在国税局が日本人のネッテラーの口座情報を把握しているかどうかはわかりませんが、銀行を経由しないのであれば今すぐにはわからない可能性があります。しかしわざわざ資金を迂回させているということは、今後バレた時に悪質と判断され非常に厳しい追徴課税が課される場合があります。

また、本来納めるべきであった税金に対して延滞税がかかるので更に支払う金額が大きくなります。期間にもよりますが本来納めるべき金額の1.5~2倍は覚悟したほうがいいかもしれません。

まとめ

海外FXの税金について、バレるのか?という話でした。電子的なやり取りを行う以上必ず証拠が残り、どこかの段階でバレる可能性は非常に高いです。また、脱税することとペナルティを比較した時に結局は普通に税金を納めていたほうが良かったということが非常に多いです。しっかり確定申告をして胸を張ってトレードをしていきましょう。


GMOクリック証券の魅力

iphone7katate_tp_v

世界でも最大規模の取引量を誇るFX会社であるGMOクリック証券

FX取引において世界で取引量ナンバー1と言われている企業は実は日本にあります。それが今回紹介する「GMOクリック証券」になります。

GMOクリック証券に関してはそのスケールメリットを生かしてほとんどの通貨においてスプレッドの金額を最小限に抑えることに成功しています。したがって、GMOクリック証券をFX取引会社として選択しておけば、取引の度に発生するFX会社への手数料であるスプレッドを節約することができます。

このようなスプレッドの違いについては小さな問題のように思われるかもしれませんが、1日に何度も取引するデイトレーダーなどであれば、このスプレッドの違いはその利益に非常に大きな影響を与える要素になってきます。したがって、できる限りスプレッドが小さいFX会社を選ぶのが正解になります。そういった面でもGMOクリック証券については非常に優れたFX会社になります。

GMOクリック証券を選ぶ最大のメリットはその取引ツールにあり

しかし、実はGMOクリック証券が熟練したトレーダーに選ばれる理由に関しては上記のスプレッドの利点よりもさらにすぐれた利点があることが挙げられます。

その利点というのがGMOクリック証券が契約者に提供しているFX取引用のツールがほかのFX会社が提供するツールと比較してもそれこそ業界屈指という評価を受けるほどの優れたツールであるということが挙げられます。実際、オリコンという外部機関が各FX会社のツールを比較した特集によってもその使いやすさにおいては群を抜いていると評価されたものになります。ツールの使いやすさにおいてオリコンでは2年連続で第1位という高評価を受けています。

このツールの出来というのはFX取引においてはその運用成績を左右するといっても過言ではないほどの重要性を持つことになります。そのツールが提供する情報がリアルタイムの情報と比較してタイムラグがあったり、提供するツールが見にくいといったような欠点があればそれはそのまま売買取引のタイミング判断の誤りにつながり、引いては損失に直結します。GMOクリック証券のツールの優れた性能はそういった損失のリスクを最小限にできるものとして評価されています。


マネーパートナーズとM2Jの自動システムを比較

9v9a3343_tp_v
数ある証券会社の中には、連続的なシステムを採用している所がいくつか見られます。いわゆる連続の指値を採用する会社が幾つかある訳ですが、マネーパートナーズとM2Jがその候補になり得ます。それぞれ特徴も異なるのですが、枚数を重視するなら前者が望ましいでしょう。しかし完全自動を求めるなら、後者が望ましいと考えられます。

どちらも自動的な指値が可能

まずマネーパートナーズもM2Jも、連続的な指値が可能な業者になります。本来は、建玉が決済された時などは、手作業で新規の指値を設定しなければなりません。それで大きな手間を感じる方々も、非常に多く見られる訳です。

ところが上記の2つの業者の場合は、自動的なシステムが採用されているので、少ない手間で売買ができる訳です。普段の仕事がお忙しい方にとっては、その2つの業者はとても便利です。

通貨の枚数が少ないマネーパートナーズ

ところでマネーパートナーズの場合は、nanoという口座があります。非常に少ない枚数で売買ができる口座で、100枚単位で取引をする事ができます。そこまで少ない枚数で取引できる業者は、非常に貴重です。

そしてnanoでは、前述の自動的な売買も可能なのです。ちなみにM2Jの場合は、1,000枚単位となります。ですので少ない枚数でローリスクな売買が求めるなら、マネーパートナーズの方が良いでしょう。

完全自動になるM2J

ところがマネーパートナーズには1つデメリットもあって、自動的な売買の回数に上限があります。最大20回までという縛りがあるのです。ですので20回に達した時には、もう一度設定し直す必要があります。しかしM2Jの場合は、わざわざ設定し直す必要がありません。トラリピというシステムによって、完全自動での売買が実現できているからです。

ですのでマネーパートナーズの場合は、たまにログインをする必要があります。それに対してトラリピの場合は、ほぼ完全放置でも問題ない事も多いです。あまり多くログインできないならば、トラリピの方がベターとも言えます。

手数料はマネーパートナーズの方が格安

ただコストを考えれば、マネーパートナーズの方が有利でしょう。というのもM2Jの場合は、取引手数料が発生するからです。しかしマネーパートナーズの場合は、それも無料になる訳ですから、比較的リーズナブルな取引ができます。ですのでコスト重視ならば、マネーパートナーズが有利と言えます。

どちらにするかはニーズ次第

マネーパートナーズとM2Jのどちらが良いかは、結局は本人の希望次第と言えるでしょう。コストもしくは枚数を重視するならば、前者の方が良いと考えられます。しかしフルオートでの売買を求めるなら、後者が望ましい訳です。