「 FX業者 」一覧

外為どっとコムとその主な3つの特長

N811_MBA_TP_V
今回紹介するのは外為どっとコムという会社です。深田恭子さんがTVCMをやっていますので、1度は見たことあるのではないでしょうか。

今回紹介する外為どっとコムはHPを見てもらえばわかる通りコンテンツ量が非常に豊富なFX会社のひとつになります。そのため初心者でもFXの基礎を学びやすい環境が整っています。

ホームページのボリュームが非常に多い

外為どっとコムの場合はまずWEBコンテンツに関する大きな特徴があります。外為どっとコムではFXの基礎知識に関して、非常に細かく解説しているのです。他の会社と比べて相当詳しく解説をしています。

しかも内容が非常に分かりやすくできており、あまり専門用語が使われていないので初心者でもすっと頭に入ってくる書き方になっています。FXの基礎知識を学びたいと考えているのでしたらまず外為どっとコムのホームページを見てみるのがおススメです。

セミナーの開催量が多い

また、外為どっとコムでは多彩なセミナーを開催しているのも特徴的です。しかもそのセミナーが非常に多く開催されています。
現時点では1週間に数回程度のセミナーを開催しているため、1カ月に1回~数回の他の会社と比べると、数倍のボリュームを誇ります。しかもセミナーの内容も非常に多彩で、初級者向けのセミナーもあれば、中級以上の方々向けの内容など様々です。初級者から中級者まで、幅広い方々に対応しているのはうれしいですね。

そして、セミナーには有名講師の方々が出演している傾向があります。業界で非常に有名な方が解説をしてくれるのでFXの基礎を学びたい時はもちろん、普段疑問に思っている少し突っ込んだ質問も可能です。

ツールの機能も非常に豊富

売買をするときにはその証券会社が用意しているツールを使いますよね。外為どっとコムの場合はそのチャートに実装されている機能が非常に豊富です。他の会社よりも圧倒的に多いツール数を誇っているのでそれだけ高度な分析などもする事が可能です。

またそのツールに対する説明なども非常に親切です。前述のように外為どっとコムの場合は、コンテンツ量が非常に豊富に用意されているので、知らないテクニカルの使い方なども非常に詳しく解説されています。高機能なだけでなく、HPを含め非常に親切なツールになっている訳です。ですので初心者の方々でも、トレード戸惑うことは無いでしょう。

コンテンツ量と機能で差をつけている外為どっとコム。これを機会にぜひHPを訪れてみてください。


マネーパートナーズの主な3つの特徴

MOK_kyouhei-notepasokonsawaru_TP_V
マネーパートナーズは金融業界では非常に有名で、FXの業界で初の上場を果たしている会社になります。知名度は非常に高く、また会社のシステムは非常に使いやすいと評判の会社です。今回紹介する新しい注文の方法については特筆すべきものがあります。

とても高機能なハイパースピードというツール

まずマネーパートナーズには、独自のツールに特徴があります。ハイパースピードと呼ばれる取引システムがあるのですが、とにかく機能数が充実しているのです。

チャートに実装されているツールの数はとても豊富で動作も非常に軽快です。サクサクと動いてくれるのですから、ストレスを感じずに価格分析ができるでしょう。

100枚単位での売買が可能

マネーパートナーズでは、100通貨単位で取引をする事ができます。これは数あるFX会社の中でも特徴的なポイントになります。
他のFX会社で売買をするとなると、1,000通貨や1万通貨単位になるケースが目立ちます。それだけに、ある程度まとまったお金が必要なケースも多いです。ところがこの業者の場合は100通貨などでも売買ができるのでそれだけリスクを抑える事ができます。

こつこつ積み立てたい・・・など、初心者の方などは少ない単位での売買を望むことも多いので、初級者向けの会社とも言えます。もちろん1万単位や10万単位などと、多くの単位数での取引も可能ですよ。

連続的な指値の注文が可能

そして最近のマネーパートナーズでは、連続注文というシステムが採用されました。いわゆる”トラリピ”に似た非常に便利な機能です。
例えばIFDの注文を考えてみましょう。100円でロングの新規注文をし、102円で利食いの注文を出します。このポジションが決済された後、本来は自分で新規注文の為の注文が再度必要になります。ところが連続予約注文を使うと決済後にも自動的に発注してくれるのです。非常に便利ですね。

このような連続的な注文ができる会社は、他のFX会社が提供するツールの中にはあまりありません。貴重なツールを持っている会社の1つと言える訳です。マネーパートナーズを選ぶ利点はいくつかありますが、その中でもこの連続予約注文は1番のメリットといえるかもしれません。

マネーパートナーズに限らず最近のFX会社は続々と個性あるサービスを打ち出していますね。気になる方はぜひ試してみてください。


海外FXって実際どうなの?海外FXの主なメリットとデメリット

UNI16040516IMG_0017_TP_V
FXの会社は日本だけではありません。海外にもFX業者があります。最近の日本人トレーダーは海外に乗り換えるケースも増えてきているといいます。というのもそれには、様々なメリットがあるからです。

レバレッジの高さに関するメリット

高い倍率で取引ができる

まず1つ目のメリットとしては、高い倍率で取引ができる点が挙げられます。

現在の日本のルールでは、最大は25倍までと設定されているのです。法人でない限りは、低いレバレッジに限定されてしまいます。

ところが海外の場合は、非常に高いレバレッジで売買をする事が可能です。ある海外の会社の場合は、800倍以上での売買をする事が可能なので、それだけ小さい資金で大きな利益を目指せるメリットがあります。

取引開始までが非常に早い

2つ目のメリットとして、日本の会社に比べるとスピーディーに売買開始できる点があります。日本の会社の場合は、取引開始までに書類を郵送するなど、数日の時間を要することが多いです。

ところが海外の会社の場合は、もっと速やかに取引開始が可能です。早い会社ならば、必要事項の入力をして、即日中に取引が出来るところもあります。

スピーディーに取引を始めたい!という方にとっては、海外のメリットは大きいものとなります。

出金が少々手間な場合がある

しかし海外の会社にも、デメリットがあります。例えば出金の手続きが、少々複雑になる点です。

海外の場合は、クレジットカードなどを用いて入金を行うケースがほとんどです。クレジットカードの入出金では基本的なルールがあり(マネーロンダリング防止)その兼ね合いで、入金がクレジットカーであれば出金にもクレジットカードが関わってくるのです。

クレジットカード会社によって返金処理に時間がかかる場合がありスムーズに銀行に振り込まれるとは限らないので、多少の時間がかかる場合があります。

日本の場合はクイック入金や銀行振り込みが入出金の方法として多く使われるので、普段慣れている手続きとしてクレジットカードよりは出勤手続きが早く完了します。

求められる書類がやや特殊な場合がある

また海外FXの業者には提出書類に関するデメリットもあるのです。

免許証等の書類以外にも、場合によっては住民票が求められるケースもあります(業者によって提出書類が少ないところもあります)

日本のFX業者についてはほとんどの場合、本人確認書類が1つで本人確認が可能です。
海外の業者に比べると、書類確認の手間が少ないことが多いので、口座を開くときにどんな書類が必要なのかしっかり確認するようにしましょう。

それでも海外の業者を利用する人が多い

このように様々なデメリットはありますが、前述の取引までのスピードやレバレッジ等に対して大きなメリットを感じる人が多いのも事実です。

そのメリットがデメリットを上回っているので、海外で口座を作る方々は非常に多い状況です。
海外FXの「XM」というFX業者は、日本人サポートも数十人と業界No1で顧客満足度も高いので人気を集めています。
http://xemarkets-forex.com