「 FX知識 」一覧

「ECN」と「STP」とは?

gori0I9A9910_TP_V
国内FX会社ではあまり聞きませんが、海外FXの会社を調べていると「ECN」や「STP」など略語が多く出てくることに気がつくと思います。

今回はそれぞれの環境の違いやそれが私たちにどんな影響があるのか、それを詳しく説明していきたいと思います。

ECN ( Electronic Communications Network )

電子取引所取引のことを指す言葉です。

FXで言えば「顧客の注文を取引所で別の顧客の注文と付き合わせて取引を成立させること」を指します。
いわゆるNDD(no dealing desk)と呼ばれるものでFX会社が注文に対して何かするわけではなく、あくまで取引所に注文を流すという役割に徹しているということになります。従って取引ごとに手数料が発生する場合が多いです。

しかし、カバー先の金融機関からもっとも有利なレートを直接顧客へ提示するため、低スプレッドが実現されることが多い方式になります。

STP( Straight Through Processing )

こちらは顧客から受けた注文をブローカー内で処理をし、その後市場に流すという方式になります。

カバー先の金融機関のレートレートにスプレッドを上乗せして顧客へ提示するため手数料は発生しませんが、ECNに比べるとスプレッドが広い傾向にあります。

ECNとSTPの方式の差

少額のトレードをするだけであれば正直この2つの方式に拘る必要はないと思います。しかし、「信頼性」という点においてこの2つを見ると少し差が出てきます。

ECNの場合はいわゆる「仲介」のみをするため、売買が成立するというのは市場にオーダーが流れているということになります。
株のように板情報を見ることが可能なので、トレーダーにとっては透明な環境で取引できると言えます。

STPは仲介をする前に「ブローカー内での処理」を挟むため、処理がしきれない注文はどうなるのかといった疑問が生じます。
もちろんブローカーがうまく処理をすることが可能であればECNのほうが約定力が高くトレードしやすい環境になります。

透明性で言えばECN
約定力で言えばSTP

自分のトレード環境に合わせた業者選びをしてみてください。


ビットコインって何?FXとの違い

PAK12_10naname_TP_V
ビットコインの話題が出始めてから数年が経ちました。大手取引所の破綻で問題が起きたこともありますよね。
今回はビットコインとは何か、FXと何が違うのかというところを解説していきたいと思います。

ビットコインとは?

非常にざっくりと説明すると「特定の管理者のいない電子マネー」になります。

通常の電子マネーであれば発行企業がいてその価値は企業が担保していますよね。通貨は国が発行し、その価値は国の信用に基づいています。
しかしビットコインは発行している企業もいなければ管理している団体もありません。その価値を裏付けるものは人々のビットコインへの「信頼」になるのです。

ビットコインは暗号化技術によって信頼性の高い取引が可能となっており、全世界で使用されています。日本ではまだあまり馴染みがありませんが、今後大きく普及する可能性があります。

ビットコインとFXの違い

国が発行する通貨に対して技術が担保になっているビットコインですが、トレードをすることはFXと同様可能です。
ではどこが違うのか、いくつか違う点を挙げていきます。

ボラリティ

ドル円やユーロドルなどのFX通貨と比べると数倍から数十倍の値動きをすることがあります。通貨として見ると危ういものを感じますが、投機の対象として見ると非常に魅力的なものになります。

トレード機会

平日しかトレードが出来ないFXと違ってビットコインは土日もトレードが可能です。しかも土日のほうが取引量が多く、活発になります。トレード機会で言えばビットコインのほうが上ですね。

レバレッジ

国内FXが最大25倍という中でビットコインは最大20倍程度となっています。資金効率といった点ではFXの利便性が上になります。

流動性リスク

国内FXの月間流通量は500兆円以上ですが、ビットコインは世界中の取引高でも2500億円程度となっており流動性のリスクが非常に大きいです。買いたい時に買えない、売りたい時に売れないというリスクはなんとしても避けたいものです。しかし、今後の普及次第では流通量が増え流動性のリスクが低減される可能性が大いに考えられます。

まとめ

ビットコインとFXの違いについてわかっていただけたでしょうか?

金のような、有事の際の避難先としてビットコインが選ばれるかもしれません。
ビットコインのマーケットの信頼性が高まってくれば爆発的に普及、流通量の増加が起こる可能性が十分考えられます。10年後にはFX取引のように当たり前に行われる未来が来るかもしれませんね。


GMOクリック証券の魅力

iphone7katate_tp_v

世界でも最大規模の取引量を誇るFX会社であるGMOクリック証券

FX取引において世界で取引量ナンバー1と言われている企業は実は日本にあります。それが今回紹介する「GMOクリック証券」になります。

GMOクリック証券に関してはそのスケールメリットを生かしてほとんどの通貨においてスプレッドの金額を最小限に抑えることに成功しています。したがって、GMOクリック証券をFX取引会社として選択しておけば、取引の度に発生するFX会社への手数料であるスプレッドを節約することができます。

このようなスプレッドの違いについては小さな問題のように思われるかもしれませんが、1日に何度も取引するデイトレーダーなどであれば、このスプレッドの違いはその利益に非常に大きな影響を与える要素になってきます。したがって、できる限りスプレッドが小さいFX会社を選ぶのが正解になります。そういった面でもGMOクリック証券については非常に優れたFX会社になります。

GMOクリック証券を選ぶ最大のメリットはその取引ツールにあり

しかし、実はGMOクリック証券が熟練したトレーダーに選ばれる理由に関しては上記のスプレッドの利点よりもさらにすぐれた利点があることが挙げられます。

その利点というのがGMOクリック証券が契約者に提供しているFX取引用のツールがほかのFX会社が提供するツールと比較してもそれこそ業界屈指という評価を受けるほどの優れたツールであるということが挙げられます。実際、オリコンという外部機関が各FX会社のツールを比較した特集によってもその使いやすさにおいては群を抜いていると評価されたものになります。ツールの使いやすさにおいてオリコンでは2年連続で第1位という高評価を受けています。

このツールの出来というのはFX取引においてはその運用成績を左右するといっても過言ではないほどの重要性を持つことになります。そのツールが提供する情報がリアルタイムの情報と比較してタイムラグがあったり、提供するツールが見にくいといったような欠点があればそれはそのまま売買取引のタイミング判断の誤りにつながり、引いては損失に直結します。GMOクリック証券のツールの優れた性能はそういった損失のリスクを最小限にできるものとして評価されています。