「 FX知識 」一覧

長期スタイルの売買でロスカットになってしまった失敗例

SAYA072162733_TP_V
FXでの売買をする方の中には、長期的視野で検討している方も見られます。最近では短期での売買を行う方も増えましたが、今なおスワップ金利などに魅力を感じて、長期でお考えの方々も多いです。ただしそのスタイルでは、口座を放置しないよう注意を要します。

画面を開く回数が少ないメリット

まず長期スタイルのメリットですが、取引画面に向かう時間が少なくなる点です。というのも短期で売買をするとなると、何回も口座の画面を開く必要があります。いわゆるデイトレで売買をする方などは、何回も取引画面を開いている訳です。

しかし忙しい方々の場合は、なかなか時間を割くのも難しいでしょう。本業が忙しいとなると、取引の為の時間を割くのは難しいケースが多いです。

ところが長期スタイルの場合は、基本的には長らく放置する事になります。放置前提となるので、デイトレーダーの方々のようにあまり画面を開く必要がありません。ですのでお忙しい方々でも、比較的やりやすい一面があります。

回数が少なすぎてロスカットになった失敗例

ところで以前に、少々興味深い事がありました。あるOLの方だったのですが、スワップ目的の売買を始めました。それで口座に入金をしてしばらく放置していたのです。それで完全に放置して全くログインをしなくなり、数ヶ月ほど経過しました。

それである時に、FXの会社からメールが届いたのです。ほとんどメールを送信してこないFXの会社だったので、一体どのような用件なのか興味津々でした。
それがロスカットのメールだったのです。放置している間に含み損が拡大し、気が付けば大損失になっていた訳です。本人としては、とにかく唖然としてしまいました。

強制ロスカットが心配なら海外FXの口座の方が良かったと思いました。
海外FXは、XMという業者が有名のようです。
海外FXレバレッジ888倍のXM

放置してしまった事が原因

なぜ上記のようなロスカットになってしまうかというと、放置してしまった事なのは明らかです。確かに長期前提の売買となれば、デイトレードの方々のように取引画面を毎日開く必要は無いでしょう。しかしあまり放置し過ぎるのも禁物なのです。

いくら長期前提といっても時にはログインする事も必要になるでしょう。ログインして資産状況が危ういと判明すれば直ちに対応する事もできます。
しかし放置をしてしまうとそもそも対応できませんね。たとえ長期スタイルでも、1週間に1回くらいの頻度はログインが必要です。


他社よりも遥かに少ない枚数で売買可能!SBI FXトレードを見てみる

AKANE072160504_TP_V
SBIという会社は、ネット銀行としては非常に有名です。手数料無料で振込が可能なので多くの方々の間で好評です。
しかしその会社の場合は、実はFXの商品も取り扱っています。その1つに、SBI FXトレードがあるのです。

FXで売買をする時の最小枚数

FXでの売買の為には、最小取引枚数があります。例えば最低1,000通貨の会社があるとします。ドル円の売買をするとなると、1万円前後からのでの売買となるのです。ですので800通貨や500通貨などで売買をする事はできません。

また1万通貨と設定された会社の場合は、やはり8,000通貨などで売買をする事はできないのです。あくまでも1万通貨単位となります。

その最低取引高に関するルールは、会社によって異なります。1万単位の会社をあれば、1,000単位の会社など色々です。

1通貨からで売買する事ができる

それで冒頭で申し上げたSBI FXトレードですが、1枚単位で売買をする事ができます。かなり少ない枚数となるので、もちろん上記のような800や700などでも問題はありません。
更にもっと少ない80や7枚などと、非常に少なめな枚数で売買する事も可能です。これだけ少ない枚数で取引が可能なのは、SBI FXトレードくらいです。

枚数が少ないのでリスクを抑えられる

そして、それはSBIの大きなメリットの1つでもあります。上記のような1万枚での売買となると、それだけリスクを大きくなってしまいます。利益が大きくなるメリットはありますが、その逆の損失も大きくなってしまいますので、ハイリスクハイリターンになってしまうのです。ところがSBIの場合は枚数が非常に少ないのですから、ローリスクローリターンになる事だけは確実です。

枚数を抑えたい初心者におすすめ

そしてFXの取引をした事が無い初心者の方などは、まずは少ない枚数で試したいとお考えです。いきなり1万枚で取引をするのもハードルが高いので、まずは控え目な取引をしたいと考える方も多いです。
SBIの場合は、それが可能なのです。ですのでFXの練習をしたいとお考えの方々などは、この業者で口座を作るケースも珍しくありません。
もちろんSBIでは、もっと多くの枚数での売買も可能です。上記のような1,000単位や1万単位での売買も可能なので、必要に応じて枚数を調整する事もできる訳です。


損失を減らす為に出来る様々な想定とは?

IMARIC20160805210023_TP_V
FXで投資を行うにあたって大損が発生してしまったことはありませんか?実はそれらの多くは想定不足が原因で起こっていることが多く、逆に言えば色々な状況を想定しておけばそれらの損失を回避できる事例が目立ちます。今回はパターン別にその想定をしていきたいと思います。

予想外の動きをするとき

例えばある時に、外貨のレートが100円になっていたとします。それで今後はゆるやか上昇して、101円や102円まで上がると考えました。この場合は、当然ながらレートが上昇する事を前提に建玉を保有していくでしょう。
ところが予想通りに行くことばかりではありません。実際には上がるどころか、下がってしまう(急落する)ケースも多々あるのです。

現に数年前のリーマンショックの時などは、まさにそのパターンでした。あの時は多くの人々が上昇すると思い込んでいましたが、実際には株価の暴落に始まり様々な指数の価格が下落しました。103円に上昇するどころか、90円や80円まで大きく下がってしまっていました。もちろん、損切りが出来なければそれは大損失になってしまう訳です。

なぜ上記のような大損失になってしまうかと言われれば、「下落」を考えていなかったからです。上昇すると思い込み1つで大きな損失になってしまう可能性があります。逆に言えば何らかの突発的な原因で下落をする事を想定することができれば大損失を回避できた可能性があります。ですので建玉を保有する前段階において、上昇だけでなく下落することを考えしっかり損切りを入れておく必要があるのです。

トレンドが発生しない状況も考える

ポジションを持つと上がるか下がるかの2択を考えがちです。しかし実際には、もう1つのパターンがあります。レンジ相場に突入した時です。FXの相場では約7割前後は保ち合いと言われているのでそれを想定しておく事も非常に重要なのです。
このように「考えられる事態を全て想定しておく」のが大切です。色々な事態を想定して、それに合わせた対応策なども色々と考えておくと、損失を抑え安定した成績を残せるようになります。

シミュレーションを使ってみる

なおFXの業者によっては、今後の想定損失などを計算する為のシミュレーションなどもあります。それにレートなどを入力してみると、今後の利益率など様々なことを計算してくれます。建玉を保有する前に、そのツールで計算をし、心の準備をしておくだけでもかなり損失率が低くなる傾向があります。

トレードをしていると勝った時のことを想像しがちですが、大切なのは負けた時にどうするかです。「こんなはずじゃなかった」ということにならないように様々なことを想定できるようにしましょう。