「 MT4 」一覧

MT4 EAのバックテストをするときに知っておきたい3つの注意点

チャート

FXで自分なりの取引手法を決めて、いざMT4のEA(システムトレード)で実践を開始する前に、必ずやっておかなければならないことがあります。

それが、EAのバックテストです。

では、バックテストを行う上で注意すべき点にはどのようなものがあるのでしょうか。

信頼性の高いデータを利用する

バックテストを実行するためには、まずヒストリカルデータが必要になります。

ヒストリカルデータは、有料のもの無料のものを含め、さまざまな業者から提供されていますが、最も重要になるのは、より信頼性の高いデータを利用するということです。

どれだけ過去のデータを集めたとしても、その内容が実際の値動きと違っていては意味がありません。

必ずしも有料のものでなければいけないということはありませんが、中には粗悪なデータを提供している業者もありますので、その点には最大限の注意を払うよう心がけてください。

また、データはなるべく長期に渡るものを取得するようにしましょう。

 

カーブフィッティングにならないように

バックテストを行う上で最大の障害になるのが、このカーブフィッティングの存在です。

カーブフィッティングとは、過去の相場に合わせて、ルールを過剰に最適化してしまうことをいいます。

たとえば右肩上がりの相場では、ただ買って売るだけで利益が出るわけですが、それを単純にルール化したところで、この先ずっと利益を上げ続けることはできません。

右肩上がりの相場というのは、現在から過去を見た場合の結果であって、現在進行形の相場では、まず右肩上がりなのかどうかを把握する必要があるからです。

ですから、過去の右肩上がり相場のデータだけを用いて、そこで収益が最大化するようにルールを設定してしまうと、それは明らかなカーブフィッティングとなるのです。

取引のルールを決めるときは、カーブフィッティングにならないよう注意しながら、できるだけシンプルなものになるよう意識しておきましょう。

 

スプレッドやスリッページを必ず計算に入れる

バックテストでは良い結果が出ているのに、実践してみると思ったような利益が上げられない…と、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そのようなケースでありがちなミスとして、スプレッドやスリッページを計算に入れていないという点が挙げられます。

1回の取引でのスプレッドやスリッページは小さなものかもしれませんが、取引回数が多くなるにつれて、それがだんだんと収支に影響を及ぼし始めるのです。

ですから、バックテストを行う際は、それらをしっかりと計算に入れておく必要があります。

スリッページに関しては、正確な数値を把握するのはなかなか難しいですが、ある程度不利な約定を事前に想定しておくことで、より実践的なルールの構築が可能になるでしょう。

 

いかがだったでしょうか。

バックテストは、自身の取引手法が機能するのかを見極める上で、たいへん有効なものです。

しかし、誤った方法でテストを行ってしまっては、意味のないものになってしまいます。

今回ご紹介した注意点をしっかりと意識していただいて、より精度の高いバックテストを実行していきましょう。

 


MT4で使用するオリジナルEAを代行会社に作成して貰う

chart

MT4のシステムトレード機能

デイトレードを行う際は自分で新規注文を出し決済注文を出して1回の取引を完結させていますよね。
このような裁量取引では動きの速い相場時に注文が間に合わないことがよくあると思います。
せっかくの取引チャンスを逃してしまうことが多いです。
無料のFXチャートソフトMT4にはシステムトレード機能が付いています。
このシステムトレード機能なら瞬時に注文を出してくれるのが良いところです。

 

プログラミングができないと難しい

しかし、MT4でシステムトレードを行うにはEAと言う売買プログラムの準備が必要です。
予めインストール済みのEAもありますが簡単なものしかないです。
自分の今までの手法をシステム化しようとするとプログラミングの知識が必要でした。
プログラミングができないと中々難しいものがありますが、もっと簡単にMT4によるシステムトレードが可能です。

 

EA作成代行会社に外注

それは、EAの作成代行会社に外注すると言う方法です。
これならプログラミングができなくても、きちんと知識のあるプロにEAを作成して貰えます。
今までの手法をシステム化したいけどプログラミングができないと言った時にピッタリです。
オリジナルのインジケーターを作成して貰うと言ったことも可能です。
その代わりに今の手法を正確にプログラミングして貰うため、しっかしと代行会社側とコミュニケーションを取ることが大切です。
当然ではありますが作成して貰ったら料金をお支払することが必要です。
代行会社にもよりますが3万円くらいが基本料金で、ルールが複雑になるにしたがって料金が追加されると言う仕組みになっているところが見られます。
料金をお支払してもサポートがしっかりしている代行会社ならシステムトレード初心者にとっては心強いのが良いところです。

 

無料でシステムトレードを行いたいなら

オリジナルEAでなくても良いのでとにかく無料でシステムトレードしたいと言う場合は選択型シストレのサービスをご利用すると言う方法があります。
FX会社の中に選択型シストレと言うサービスを提供しているところがあります。
このサービスなら予め数百以上のストラテジーと言う売買プログラムが準備されています。
その中から自分の手法に一番近そうなものを選ぶだけ、プログラミングしなくてもシステムトレードが可能です。
ストラテジーの作成者は世界各国の優秀なFXトレーダーです。
まだFX初心者でテクニカル分析が上手くいっていないと言う場合でも、優秀なFXトレーダーの手法をそのままそっくり真似ができるのが良いところです。
その代わりにどのストラテジーでも稼げると言う保証はありませんので選び方が非常に大事です。


MT4とその主な3つのメリット

mt4
FXで売買をする方の多くは、MT4と呼ばれるツールを用いています。そのツールには主に3つのメリットがある訳ですが、総じて使い勝手が良いです。とても優秀なツールだけに、トレーダーの方々から評価は高いです。

 

ロシアで開発された高機能ツール

そもそもMT4とは、ロシアで開発された金融商品取引ツールのフリーソフトです。ロシアやその他の国でもこの金融商品で売買を行う方が見られる訳ですが、中には知識が非常に豊富な方も見られる訳です。そのロシアのプログラマーが開発した、非常に高機能な金融商品取引ツールのフリーソフトになります。有料ではなく無料で利用できるメリットは、非常に大きいです。

 

動作がとても軽快

MT4の1つ目のメリットですが、まず動作が非常に軽い点が挙げられます。

FXの会社の多くは、それぞれ独自の取引ツールなどを用意してくれています。しかし、業者によってはUIにバラつきがあり各取引ツールの操作を覚えるのも大変ですし、かなり動作が重い事もあるのです。

経済指標などが発表された時に、やや不安定になってしまう事もあります。
しかし、MT4の場合は動作も安定していて、非常に軽快に動いてくれます。スピード重視のスキャルパー、デイトレーダーの方にとっては、メリットが大きなツールです。

 

備わっているツールの数が豊富

そしてMT4の場合は、ツール数の多さにも特徴があります。分析用のツールの数が非常に多彩で、多くのFXの会社が用意しているチャートよりも、遥かに高機能です。
中には、世界中のプログラマーが開発した独自のスクリプトツールなどもあります。インターネットを用いて、独自のスクリプトツールをダウンロードし自分好みにカスタマイズする金融商品取引ツールはMT4ぐらいです。

 

自動的な売買も可能

そして3つ目ですが、この点に多くの方々が魅力を感じています。自動的に売買をする事ができる点です。

SFのアニメの中で、「金融プログラムAIが自動的に取引を行い、オーナーが寝ていても遊んでいても何をしていても勝手に稼いでくれる」というようなシーンがありますが、MT4でそのSF的な自動取引が可能です。

本来取引をするとなると、いわゆる裁量トレードと言われる自分で操作して取引しなければなりません。そのためには時間を割く必要があるのです。
ところがMT4の場合は、自動的に売買できる設定も可能です。普段からお仕事が忙しい方にとっては、非常に便利な機能です。
この自動取引をMT4で行うには、プログラム知識がある方は0から作ることも可能ですが、全くプログラミングの知識がない人でも、お好みの自動売買プログラム(EA)を購入することで簡単に自動取引が可能な点も魅力です。

 

とても高機能なので評価が高い

このようにMT4は、高機能取引ツールであり非常に奥が深く面白いです。トレード中級者以上の方々などは、MT4を使っているケースも多いでしょう。
無料で高機能なツールを使えるメリットは、とても大きいですね。